現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型クラウンに搭載される「LINEマイカーアカウント」対応「T-Connectナビ」

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

新型クラウンに搭載される「LINEマイカーアカウント」対応「T-Connectナビ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型クラウン、カローラ・スポーツの両モデルは、「コネクティッドサービス」を搭載し「初代コネクティッドカー」を謳っています。

サービスや技術面では、MIRAIやプリウスPHV、レクサス各モデルにも搭載されているものもありますが、より販売ボリュームが望める車種に設定されている点と、機能強化が図られたオペレーターサービスとエージェント(クラウン)、そしてLINEマイカーアカウントなどの注目装備が加わるのがポイントです。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

新型クラウンとカローラ・スポーツでは少し機能に差がつけられていますので、ここではクラウンについてご紹介します。なお、両モデルともに、専用通信機器のDCMが搭載されています。

セーフティ、セキュリティ面では、従来からある「ヘルプネット」をはじめ、T-Connectの契約で利用できる「トヨタつながるクルマの保険プラン」が注目。

後者は、車両から取得されたデータをもとに、毎月の安全運転の度合いにより保険料割引が反映される自動車保険。さらに「ドライブ診断」では、安全な運転、エコな運転の2つの観点により自動診断され、採点とアドバイスがスマホに送信されます。運転度合いにより翌日の保険料が割引される「トヨタつながるクルマの保険プラン」とも連動します。

そのほか、セーフティ、セキュリティ面では、警告灯点灯時にコールセンターからアドバイスが受けられる「eケア走行アドバイス」、エンジンオイル量、電子キーバッテリー、警告灯点灯状態などについて、スマホでの確認に加えて、販売店からメンテナンスの必要性などが受けられる「eケアヘルスチェックレポート」、「コネクティッドメンテナンスパック」などを用意。

オーナーの利便性を高めるサービスでは、新型クラウン向けにオペレーターサービス、エージェントの機能強化が図られています。とくにエージェントの機能強化により「曖昧検索」への対応力がアップ。オペレーターサービスが少しまどろっこしく感じる時や、急いでいる時など、エージェントでかなり応えてくれそう。

操作は、ステアリングスイッチの音声ボタンを押すだけでエージェントに接続できます。カムリなどの従来型は短く押すとローカル(元々ナビにインストールされている情報)にアクセスし、ボタンの長押しでエージェントが使えるという操作方法でしたが、シンプルで押すだけで済むようになりました。

「LINEマイカーアカウント」は、LINEのトークでナビの目的地設定が可能で、ガソリン残量や天気などの情報も容易に入手できます。新型クラウンのコネクティッドサービスは3年間無料で、4年目からは年間1万6000円(税別)という予定(検討中)とのことです。

(文/写真 塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します