現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カローラ スポーツに搭載される注目のパワートレーン「i6MT」は8月に登場

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

カローラ スポーツに搭載される注目のパワートレーン「i6MT」は8月に登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12代目にスイッチしたカローラシリーズ。先陣を切るハッチバックタイプのスポーツには、ニッケル水素バッテリーを搭載する1.8Lハイブリッド(FF)、10速ステップ制御のCVTのほか、新世代6MT(iMT/インテリジェントマニュアルトランスミッション)も8月に追加される1.2L直噴ガソリンターボ(FF/4WD)が設定されています。6MTには、コンピュータによる自動回転合わせ機構などが用意されます。

1.8Lのハイブリッドは、プリウス、C-HRと同じように98ps/142Nmの1797ccエンジンに、53kW(72ps)/163Nmのモーターが組み合わされ、システム全体では90kW(122ps)というアウトプット。

    カローラ スポーツが発売開始!「ワイド&ロー」の強調でユーザーの若返りなるか!?

一方の1.2L直噴ターボエンジンの「8NR-FTS」は1196ccの排気量で、116ps/5200~5600rpm、185Nm/1500~4000rpm。ガソリンターボのCVTには、10速スポーツシーケンシャルシフトが組み合わされています。

走りを支えるボディでは、開口部に環状骨格構造が採用され、高剛性ボディによる上質で安定感のある走りに貢献。

また、フロントにマクファーソンストラット、リヤにダブルウィッシュボーンを採用するサスペンションでは、新開発のダンパーが注目です。オイルや構成部品などの組み合わせ約600パターンに及ぶ走行試験を行い、乗り心地やハンドリングなどを決めていったそう。

さらに、リニアソレノイド式AVS(アダプティブ・ヴァリアブル・サスペンション・システム)を「トヨタ」ブランドのFFに初採用し、4輪それぞれの減衰力を瞬時に切り替えることで、快適な走りに寄与。そのほか、5.1mというクラストップレベルの最小回転半径を達成しています。

(文/塚田勝弘 写真/冨士井明史、塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します