現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車】軽自動車のエントリーモデルでも充実の安全装備を搭載したミラ・トコットが新登場

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

【新車】軽自動車のエントリーモデルでも充実の安全装備を搭載したミラ・トコットが新登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツの軽自動車でエントリーモデルとなるミラ。現在は、84万2400円~という手が届きやすい価格、32.2~35.2km/Lという高い燃費性能を強みとするミラ・イースをリリースしています。

6月25日に加わったミラに加わったミラ・トコットは、軽乗用車のベーシックモデルであるミラ・イースと同等の扱いやすいボディサイズが特徴。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

スタイリングからも分かるように、若い女性をメインターゲットに据えたミラ・トコットは、軽自動車にふさわしい廉価な価格やコンパクトなサイズ感を追求したとしています。

開発段階でターゲットに近い女性社員で構成されたプロジェクトチームが企画に参画し、ユーザー視点でのコンセプトや採用アイテムに関する意見を反映させたそうです。

具体的には、運転に不慣れなビギナーでも車両感覚がつかみやすく、死角の少ないパッケージを実現。さらに、充実の安全・安心装備を搭載。衝突回避支援システム「スマートアシスト?」の採用に加え、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグを軽として初めて全車に標準装備。

外観は、運転のしやすさと意匠性を両立したスクエア調のシンプルで飽きのこないデザインや、新色3色を含む多彩なカラーバリエーション、新開発のキャンバス地調デザインフィルムトップが用意されています。

内装はシンプルなデザインで、セラミックホワイトのインパネガーニッシュが目を惹きます。陶器のようなクリーンな質感で、暖かみのある白色と滑らかな丸みが、優しく柔らかな印象を演出。また、シートの背もたれ部は明るいベージュ、乗り降りの際に触れることがある座面は茶色を配した2色のコンビネーションカラーフルファブリックシートが採用されています。

装備や使い勝手では、ポケッテリアを手の届く位置に配置し、運転姿勢を確保しながら、使い勝手の良さを向上させたほか、スマートフォンの充電などに便利なUSB電源ソケットを2口装備。そのほか、シートヒーター(運転席/助手席)が設定されるほか、身だしなみをチェックできるバニティミラー(運転席/助手席)などが装備されています。

搭載されるエンジンは、NAのみで、トランスミッションはCVT。価格帯は1,074,600円~1,425,600円。駆動方式は2WD、4WDともに用意されています。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kkc*****|2018/06/26 06:15

    違反報告

    あら、結構いいじゃないですか。
    ミライースよりいい。
  • tm1*****|2018/06/26 06:52

    違反報告

    なんだろう。コレジャナイ感。ミラココアのほうが、よっぽど垢抜けてて良かった。まぁ、名前変えたあたりからしても、ターゲットや訴求層から、私が外れたってことなのかもしれないが。
  • shi*****|2018/06/26 07:00

    違反報告

    なんだろ、この無機質感。
    元祖軽的な感じは今のアルトに通ずるものがある。
    ダイハツもマニュアル車出す話をディーラーから聞いたけど、ベースはもしかしてコイツ?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します