現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ・ジェイドの大きな決断 「レヴォーグ」意識 不人気脱却めざす

ここから本文です
ニューモデル 2018.5.17

ホンダ・ジェイドの大きな決断 「レヴォーグ」意識 不人気脱却めざす

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ジェイド、なぜ低調だったのか?
ー そこで決断 レイアウト大幅変更
ー ライバルは、ずばりレヴォーグ

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

ジェイド、なぜ低調だったのか?

ホンダの低全高ミニバン、ジェイド。2013年に中国で先行販売され、日本ではストリームの後継的な車種として2015年から販売されている。

ストリーム譲りのスポーティな低全高スタイルに、3列6人掛け(2列目はセパレートシート)というユニークなシートレイアウトで登場したが、残念ながら日本では人気を得られず、2017年の販売台数は約2000台、2018年に入っても月販は100台を切るほどの低調ぶりだ。

いまや、ミニバンは車高が高く、リアサイドドアはスライドドア(ジェイドはスイングドア)で、ひとも荷物もしっかり積めないと売れない時代になった。

ジェイドもサードシートは広くなく、実質的には4人乗りと考えられて敬遠されてしまったようだ。

そこで決断 レイアウト大幅変更

5月17日、そんなジェイドがビッグマイナーチェンジされた。最大の変更ポイントは、スポーティグレードのRS(および廉価グレードのG)はサードシートを廃してセカンドシートを普通の3人掛けベンチシートとし、2列5人掛けとしたことだ。

つまり、「ミニバンからワゴンへ」と大きく方向転換をしたわけだ。朝令暮改が得意(?)のホンダだから、3列6人掛けは廃止してしまったか……と思ったひとはご安心を。

ラグジュアリーグレードのXでは、従来どおりのシートレイアウトを踏襲している。

また、初代シビックから始まるホンダ伝統のスポーティグレード「RS」らしく、フロントグリル/ヘッドライト/フォグライトなどのデザインと18インチアルミホイールを刷新している。

ライバルは、ずばりレヴォーグ

日本市場ではSUVやミニバンに押され、いわゆるワゴンの人気は低い。

輸入車ではジャーマン3のワゴンと、日本車ではスバルのレヴォーグ以外、ほとんど売れていない状態。だが、ホンダはそこに目を付けた。

マイチェンされたジェイドのライバルは、ずばりレヴォーグ。もともと走りには定評のあったジェイドだが、今回のマイチェンでハイブリッド/ガソリンともエンジンや足まわりのセッティングを見直している。

さらに安全運転支援システムの「Honda SENSING」を全グレードに標準装備した。価格も、G(5人乗り/ガソリン)の239万8680円からハイブリッドX(6人乗り)の308万8800円と、レヴォーグの1.6ℓと比べてお買い得感は高い。

AWDこそ設定されていないが、ミニバン譲りの広い室内とカーゴスペースに走りも楽しめる「新世代ワゴン」ジェイドの健闘に期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します