現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フランクフルト空港で「新型BMW M5」を発見! ハイパワーを支えるタイヤの正体は?

ここから本文です
ニューモデル 2018.4.17

フランクフルト空港で「新型BMW M5」を発見! ハイパワーを支えるタイヤの正体は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

600psを受け止める純正採用タイヤは 日本の誇る『アドバンスポーツV105』か

本誌、af imp.の特派員より、スクープ情報が飛び込んできた。 ドイツ・フランクフルト空港でレンタカーを借りに向かったとき、空港ロビーに新型「BMW M5」が展示されていたというのだ。その足元には、ヨコハマタイヤの「アドバンスポーツV105」。 「アドバン」が誇るフラッグシップモデルは、本当に純正採用となるのだろうか。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

多くの乗客が利用するハブ空港では、プロモーションのため新型車が置かれることが多いのだが、ドイツを代表する空港内にて威風堂々としたオーラを放っていた「BMW M5」。 600ps/750NmというハイパワーなV8ツインターボエンジン、M5初となる4輪駆動システムである”M xDrive”、”カーボン製ルーフ”を採用するなど、その性能は従来モデルを遙かに凌駕する、BMW待望のスポーツモデルだ。その足元を見てみると、なんと『アドバンスポーツV105』が装着されていたのだった。

BMWを代表するフラッグシップスポーツであり、最高速度250km/h、0-100km/h加速をわずか3.4秒でこなしつつ、ラグジュアリーなドライビングもこなすために選んだタイヤが、「ヨコハマタイヤ」が誇るアドバンのフラッグシップだったというわけだ。

ちなみに5シリーズのレギュラーモデルは”G30″という開発コードだが、M5は”F90″というナンバーが割り当てられている。 つまり、現在市場に出ているGシリーズよりも先に開発が計画されていたということ。その開発段階でV105が使用されていたかどうかは不明だが、X3に続いてBMWの、しかもM5に純正採用されることになったヨコハマ『アドバンスポーツV105』。 その実力が高く評価されたからこそ、BMWの誇るスーパースポーツサルーンの足元に選ばれたのだ。

正式な発表はまだヨコハマタイヤ側からはないが、サイドウォールにはBMWの認証を表す「★(スターマーク)」が入っていることからも、純正採用はほぼ間違いないはず。となれば、X3に続く純正採用となる。 なお、装着予定サイズはフロント275/40ZR19(105Y)、リア285/40ZR19(107Y)か。早く日本でもその豪快な走りを味わってみたい。

(レポート:af imp.編集部)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『af imp編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します