現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型メルセデス・ベンツAクラス:ボディサイズは? 新旧Aクラスで比べてみる

ここから本文です
ニューモデル 2018.2.12

新型メルセデス・ベンツAクラス:ボディサイズは? 新旧Aクラスで比べてみる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドプレミアされたばかりの新型メルセデス・ベンツAクラス。「コンパクトクラスのモダンラグジュアリーを”再定義”する」とメルセデス・ベンツが謳う最新作。おそらく、「打倒、VWゴルフ」が新型Aクラスに与えられた役割のはず。ここでは、新型Aクラスを詳しく解説していこう。

次は、ボディサイズ、ディメンションを見て行こう。ここは現行と新型の比較で考えていこう。
現行Aクラスは
全長×全幅×全高:4355×1780×1433mm
ホイールベース:2699mm

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

新型Aクラスは
全長×全幅×全高:4419×1796×1440mm
ホイールベース:2729mm

数字は、本国の資料のもの(国内の届出値とは異なる数字)だ。

新旧を比べると新型は、
64mm長く
16mm幅広く
7mm高く
ホイールベースが30mm伸びている。

ちなみにVWゴルフのボディサイズ(国内届出値)は、
全長×全幅×全高:4265×1800×1480mm
ホイールベース:2635mm

だから、新型Aクラスは、ゴルフ7より
154mm長く
4mm幅狭く
40mm背が低い
94mmホイールベースが長いということになる。

では、まずは前面視から。


現行メルセデス・ベンツAクラスの前面視

新型メルセデス・ベンツAクラスの前面視

現行メルセデス・ベンツAクラスの側面視

新型メルセデス・ベンツAクラスの側面視

全長は64mm拡大しているが、そのうちホイールベース分は30mmだ。フロントのオーバーハングは936mmから914mmに、22mm切り詰められたのに対して、リヤのオーバーハングは720mmから776mmと56mmも拡大している。

これにともない、ラゲッジルームの奥行きは707mmから822mmとぐっと広くなった。115mmも奥行きが広くなったということは、新型Aクラスのラゲッジルームの使い勝手に大きなメリットを与えるはずだ。


現行Aクラスの室内寸法

新型Aクラスの室内寸法

室内は格段に広くなった。
フロントシートの座面から天井までは
現行1017mmが新型では1024mmへと7mm拡大。
同じくリヤシートは
現行952mmが新型では960mmと8mm拡大している。

横方向の余裕は新型のポイントのひとつだ。
フロントの幅方向の数値は(Elbow room, front)は1422mmから1457mmと35mmも拡大している。
同じくリヤでは36mm拡大。

新型Aクラスは、現行より室内空間がかなり広がったのだ。

現行Aクラスの上面視

新型Aクラスの上面視

現行Aクラスの後面視

新型Aクラスの後面視

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します