現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 同じクルマ、違う名前 バッジ・エンジニアリングのクルマたち 前編

ここから本文です
ニューモデル 2018.2.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AUTOCAR JAPAN上以外の外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「この記事をスライドショー形式でみる」から、画像と文が一致した形式でお楽しみいただけます。

キャデラック・シマロン(1982年):2モデル

    この記事をスライドショー形式でみる


1980年代初頭、GMはBMWとメルセデス・ベンツが高級車部門のボトムエンドを席巻し始めていると認識し、シボレー・キャバリエにキャデラックのバッジを付けて対応することとした。しかし、あまりに高い価格と、それに見合わぬ4気筒は、すっかりお笑い種となった。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン