現在位置:carview! > ニュース > ニューモデル > NEXCO西日本がETC2.0搭載車を対象に、高速道路からの一時退出を可能にする試験を実施

ここから本文です
ニューモデル 2017.7.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEXCO西日本が、高速道路上のPAやSAなどの休憩施設不足への対応として、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の試行を開始しました。

これは、高速道路からの乗り降りを自由とし、「道の駅」への立ち寄りを可能とすることで、ドライブ中の休憩や買い物、食事、周辺の交通観光情報入手、EVの充電など、 道の駅が提供する多様なサービスを利用可能とする取り組み。(クリッカー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • muk*****|2017/07/18 07:40

    違反報告

    ETC2.0って現状主流(だと思ってる)ETCよりそんなに違うの?つまり、ETC2.0にしないと出来ないことなの?
    今のETCに変える時に2.0は既にあったんだけれど、違いや便利な点の有無など調べた結果なーんにも無いと感じたので2.0はやめたんだけど。本当にしょぼいとしか思わなかった・・・。
    単なる2.0普及のための策?この国ならありそうな話しなのでね。
    まぁ、ながいこと車乗ってるけれど、高速を途中で降りたいと思った事自体ないんだけどね。日本の高速って下道で2時間以上かかるような遠くにいく時以外使う気にならんからね。高いし、渋滞なんて当たり前だし、、、いつ無料化されるんだろうね。
  • maa*****|2017/07/18 09:04

    違反報告

    たったの1時間?
    せめて2~3時間にしないと
  • nbn*****|2017/07/18 08:28

    違反報告

    そんな事が出来るなら二輪の料金下げるのも簡単だろ