現在位置:carview! > ニュース > ニューモデル > 「対向車線衝突回避支援機能」などを搭載。ボルボV90、XC90が安全装備をさらに強化

ここから本文です
ニューモデル 2017.7.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年以降、電動化車両に移行すると表明して話題を集めているボルボ。環境だけでなく、安全もボルボの重要なキーワードになっているのはご存じのとおりです。さらに、ボルボは、2020年までに新型車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするという「ビジョン2020」を掲げています。

2017年7月14日、最新世代であるボルボ90シリーズが一部改良を受けました。ボルボが誇る先進安全、運転支援機能である「IntelliSafe(インテリセーフ)」に、2つの新機能が追加されています。(クリッカー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ham*****|2017/07/18 06:36

    違反報告

    セレナとかスバルの運転支援に追い付け追い越せな努力は、各メーカー頑張ってほしいですね。
    ただ、ボルボ高価で手が出ない。
  • oos*****|2017/09/26 09:14

    違反報告

    日本車と欧米車を見たなかではボルボが自動化と安全性で一番の印象を受けたが、全車両を電動にするらしいが、買い増しだから待った方が良いのだろうか。板橋区の店のセールスマンは何も言っていなかった。
    スバルは安いが霧や雪ではカメラだけなので安全装置が作動しないし、レクサスは6000cc弱でスポーツモードでもパワーが無いし最後の100万はブランド代だそうだが、レクサスなんてブランドって思わない。 
    十年前ならぶっといピラーのJeepにしたかもだが、安全装置が遅れていた。