現在位置:carview! > ニュース > ニューモデル > 新型カムリに採用されたアイシングループの世界初の技術とは?

ここから本文です
ニューモデル 2017.7.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマづくりにおいて「ガラスとタイヤ以外」のすべてを作っているといわれるアイシングループ。トヨタグループに属しますが、ほかの国内外の自動車メーカーなどに部品を供給しています。新型トヨタ・カムリにも同グループの技術、部品が数多く採用されています。

まず、パワートレインでは、3 種類の新製品が搭載されています。(クリッカー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2017/07/17 20:38

    違反報告

    世界初の内接ギヤ式連続可変容量オイルポンプ! 凄い!
    写真を見ると1自由度のフレームに内歯歯車が入っている。エンジン回転数に同調する内歯歯車の回転により発生する遠心力(重心が偏芯しているためにバランスしない)を1自由度のフレーム(バネ付き)で受けて単振動に変えバネの張力とバランスさせて内歯歯車の隙間を変えてポンプの可変容量を実現している構造と読み取れる。

    機械工学をやっていた身としては素直に参りましたと言うしかない。
    構造の簡単さ=作りやすい=壊れにくい信頼性=安い、さらに小型化。機械設計として満点です。
    従来のオイルポンプは効率が悪くて燃費悪化のいち原因になっていたので効率改善するために可変容量化するのがテーマになっていたのです。私はウォーターポンプと同じで電動化で解決するだろうと思っていたのですが、一番安く信頼性の高い機械式で解決するとは・・技術者として一本勝ちをとられた気分です。
    尊敬します。
  • new*****|2017/07/17 17:16

    違反報告

    とにかく醜い車・・・・・・
  • moh*****|2017/07/18 11:49

    違反報告

    そういった他部門、他社の努力が、たったひとつ、バンパーのデザインだけで報われない可能性が高くなるという事実。
    という事ににならなければ良いけどね。