現在位置:carview! > ニュース > ニューモデル > 独・コンチネンタル、初の日本メーカー向けとしてマツダ車のコンバイナーHUDを生産開始

ここから本文です
ニューモデル 2017.5.17
  • みんカラ つぶやく

ドイツの総合自動車部品サプライヤーであるコンチネンタルは、日本の自動車メーカー向けとしてはじめて同社のヘッドアップディスプレイ(HUD)を生産開始したと発表しました。

コンチネンタルというと、昔からタイヤが有名でしたが、現在では電子機器にも範囲を広げた総合自動車部品サプライヤーとして活動しており、2013年の東京モーターショーではHUD技術を展示していました。(クリッカー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • c_o*****|2017/05/17 10:59

    違反報告

    マツダのHUDは最初、プラスチック板に投影だったが、最新はフロントガラス投影に変わった
    またプラスチック板に戻るってことかな
    あと、ボンネット先に情報表示って意味わかんない…
    今でも奥行きのある表示が出来ているが