現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新型スバルXV試乗】内外装の樹脂パーツに共通するひし形のシボがプロテクション感を演出

ここから本文です
ニューモデル 2017.4.21

【新型スバルXV試乗】内外装の樹脂パーツに共通するひし形のシボがプロテクション感を演出

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンダード状態(ルーフレール未装着)での全高が1550mmと、都市型SUVに仕上げられたSUBARU XV。

それでいて、フェンダーやバンパーコーナーを守る樹脂パーツによるクラッディングがタフなイメージを強めていることが、スタイリングのアクセントとなっているのは見ての通りです。

新色の「クールグレーカーキ」とのコントラストも見事で、クルマのキャラクターにマッチしている樹脂パーツ。その表面にはひし形を重ねたようなシボ(模様)が付けられています。目を近づけていったときに見せる立体感は、車格を上げて感じさせるのではないでしょうか。

そして、このシボはフェンダー部分を守るクラッディングに限った模様ではありません。

テールゲートを開けて、ラゲッジルームを確認してみると、ちょうど荷物などで傷つきやすい箇所に、同じシボの入った樹脂パーツが確認できます。

まさに、ボディを守るという意味を込めたシボであり、こうした内外装を区別しない共通性もまた、SUBARU XVのクロスオーバーSUVとしてのデザイン性を、さり気なく示しています。

なお、トランクスペースは先代モデルから+5リッターほど容量アップした385リッター。ゴルフバッグ3個を後方視界を犠牲にすることなく収納できるというゼロ次安全を考慮した積載性となっているのも、スバルらしい機能性といえそうです。

●SUBARU XV 2.0i-S EyeSight 主要スペック車両型式:DBA-GT7全長:4465mm全幅:1800mm全高:1595mm(ルーフレール装着車)ホイールベース:2670mm車両重量:1440kg乗車定員:5名エンジン型式:FB20エンジン形式:水平対向4気筒DOHCガソリン直噴総排気量:1995cc最高出力:113kW(154PS)/6000rpm最大トルク:196Nm(20.0kg-m)/4000rpm変速装置:CVT燃料消費率:16.0km/L (JC08モード)タイヤサイズ:225/55R18メーカー希望小売価格(税込):267万8400円※ルーフレールとシャークフィンアンテナのメーカーオプションは5万4000円

(写真:SUBARU/門真 俊 文:山本晋也)

(クリッカー 山本晋也)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します