現在位置:carview! > ニュース > ニューモデル > 新生SUBARUの初ニューモデル「XV」を発表。1.6リッターも用意、価格は税抜198万円から

ここから本文です
ニューモデル 2017.4.6

新生SUBARUの初ニューモデル「XV」を発表。1.6リッターも用意、価格は税抜198万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月1日に「SUBARU株式会社」と社名変更をしてから、初めての新型モデルの登場です。インプレッサXV時代から数えて3代目となる新型「SUBARU XV」が発表されました。

先代モデルでもユニークなボディカラーが人気を集めたXVですが、新型もサンシャインオレンジとクールグレーカーキという専用色によって個性をアピールしているのが印象的です。ユニークなアルミホイールの意匠も、しっかり進化しています。

    魅力を増した新型XVは、スバルSUVの次世代エースになれるか?

車両全体のコンセプトは「Fun Adventure」。アーバンライクなスタイリングとスバルらしいSUVとしての走破性を、先代から磨き上げた「スポカジスタイル」によって実現しています。ステレオカメラを用いたプリクラッシュセーフティシステム「アイサイト(ver.3)」や歩行者用エアバッグを全車に標準装備するなど世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVとなっています。

エンジンは1.6リッターガソリンと2.0リッターガソリン直噴の2種類を設定、もちろん水平対向エンジンとなっています。トランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるチェーン式CVT。駆動方式は全車がAWD(四輪駆動)となっています。そのAWD制御システムには「X-MODE」をSUBARU XVとして初採用。滑りやすい状況でのトラクション確保や、下り坂での速度維持(ヒルディセントコントロール)などを搭載しています。

走破性を高めるため、200mmの最低地上高を確保していますが、新世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」により、車高のネガを感じさせないハンドリングが期待できるのもトピックスのひとつ。衝突安全性にも優れたプラットフォームとなっています。

その安全性能については、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA4)が実施した、安全性能を比較評価する自動車アセスメントにおいて、過去最高の得点となる199.7点を獲得、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞しているのも注目点です。

メーカー希望小売価格(消費税込)は1.6リッターが2,138,400円~2,300,400円。2.0リッターは2,484,000円~2,732,400円。発売開始は2017年5月24日となります。

(写真:小林和久 文:山本晋也)

(クリッカー 山本晋也)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します