現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 5リッターV8+10ATの咆哮を満喫、レクサスの新型LC500がカリフォルニアの峠を攻める

ここから本文です
ニューモデル 2017.3.22

5リッターV8+10ATの咆哮を満喫、レクサスの新型LC500がカリフォルニアの峠を攻める

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最高出力477psを7100rpmで発生する高回転型のV8エンジンに、新開発の10速ATを組み合わせたラグジュアリークーペ、それが新型レクサス「LC500」だ。

ラグジュアリーといっても走りへの意識は高い。V8エンジンはレクサスの「F」シリーズでおなじみの2UR-GSE型であるし、そのエンジンサウンドは『天使の咆哮』と称されたレクサスLFAのそれを継承したものだという。

    新型 レクサス RC F 目指したのはコーナーをアクセルで曲がれるクルマ

舞台となるのは、アメリカ・カリフォルニアのエンジェル クレスト ハイウェイ。ハイウェイとついているが、有名な峠道である。そこを駆け抜けるLC500。コクピットを映し出したシーンでは、パドル操作による10速ATのキレの良い変速や、ドライブモードスイッチの切り替えでよりスポーティに変身する様が描かれている。

排気系にインストールされたバルブを切り替えることでシチュエーションに応じたサウンドに切り替わるというエキゾーストノートも必聴。高速コーナリングでピタッと路面を捉えている様子も、その高いポテンシャルを感じさせる。

LC500とドライバーが休息している様子を俯瞰で捉えたシーンではカーボンルーフを確認。表示を切り替えるディスプレイメーターもLFAとのつながりを感じることができる。

レクサスヨーロッパが公開した2分弱の映像には、そうしたLC500の魅力がギュッと凝縮されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します