現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型エコカーの投入効果テキメン!? 国内市場に復調の兆し!

ここから本文です
ニューモデル 2017.3.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車工業会(自工会)が3月16日、2016年度(2016/4-2017/3)の国内新車販売台数が前年度比で2%増が見込まれると発表しました。

内訳では登録車が前年度比で6.2%増、軽自動車が同5.2%減を見込んでいます。

登録車の前年増にはトヨタ自動車のプリウスやシエンタ、パッソの新型車が寄与するとともに、日産自動車が昨年8月に発売した「セレナ」や、11月に発売したエンジンで発電、モーターで走行する新型「ノート」のヒットが販売増に大きく寄与しています。(クリッカー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く