現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産自動車が三菱自動車の筆頭になるメリットとは?

ここから本文です
ニューモデル 2016.5.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車が日産自動車の傘下に入り再建を期すというニュース、新聞やテレビなどの報道にすでに接している方も多いでしょう。

日産と三菱が2011年6月に折半出資で設立したNMKVは、日本市場向けの軽自動車の商品企画、開発という事業内容です。

燃費不正という根の深い問題が起きましたが、軽自動車の提携という実績からいっても、三菱グループ外で再建を図るとしたら日産しかないだろうな、というのは皆さんが感じていたことではないでしょうか。

一部報道によると、日産が2000億円を投じて三菱自動車の3割強の株式を取得するというもので、日産が三菱自動車の筆頭株主になります。(クリッカー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く