現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”6輪F1”ティレルP34が鈴鹿サーキットを走行。サウンド・オブ・エンジンが開催

ここから本文です
スポーツ 2019.11.17

”6輪F1”ティレルP34が鈴鹿サーキットを走行。サウンド・オブ・エンジンが開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年の鈴鹿サウンドオフエンジンが初日を迎え、鈴鹿サーキットに懐かしの名レーシングカーが多数集結。ファンの前でそのエンジンサウンドと走りを披露した。

 鈴鹿サウンドオブエンジン初日の11月16日(土)は、「たいれる6輪」の愛称で知られるティレルP34をはじめ、往年のF1マシン、Group Cカー、1960年代の日本のモータースポーツ黎明期を駆け抜けたスポーツカー、MotoGPマシンなど100台以上が鈴鹿サーキットに集結し、デモランやデモレースを開催。ファンの前で懐かしの走り、懐かしのエンジンサウンドを披露した。

    ■鈴鹿サウンドオブエンジンにティレルP34登場。”オーナー”マルティニがドライブ

 中でも一番人気だったのはやはりティレルP34。1976年にデビューしたこのF1マシンは、空気抵抗を減らす目的でフロントタイヤに小径のモノを採用し、さらにグリップダウンを補うために2輪増やして6輪とした異色のマシン。当時日本ではスーパーカーブームの真っ只中で、同年富士スピードウェイでF1が日本初開催(F1グランプリ・イン・ジャパン)されたこともあり、今でも記憶に残るマシンとして有名だ。

 グリッドウォークでは人だかりでマシンが見えないほどの大人気。そしてティレルP34がコースインして走行を始めると大きな拍手が湧き上がるほどだった。

 ドライブを担当したのは、ミナルディの名手として活躍したピエル-ルイジ・マルティニ。ティレルP34の魅力に取り憑かれたマルティニは現在ティレルP34のコレクターとして有名で、複数のP34を所有。そのうちの1台を鈴鹿サーキットに持ち込み、自らのドライブでファンの前でその走りを披露した。

「飾るだけではかわいそう。F1マシンは走ってこそ意味がある」とマルティニ。それを日本のファンの前で実現した形だ。

 レジェンドF1マシンは、他にも1981年のアルファロメオ179Cや1981年のロータス88Bなど11台が参加。Group Cは6台、60年代レーシングカーは22台が集まった。他にもFL500やHistoric Formula Resister、MOTORCYCLE HERITAGEなど多数の走行イベントに加え、グランドスタンド手前のGPスクエアではレジェンドドライバー・ライダーによるトークショーも行われた。

 鈴鹿サウンド・オブ・エンジンは17日(日)も引き続き開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 藤木 充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jqx*****|2019/11/17 13:58

    違反報告

    このティレルP34はカラーリングから見ると前年度からの改良型みたいですが、これが裏目に出て操縦性が悪化したと記憶しています。
    1977年の富士スピードウェイではロニー、ピーターソンのドライブでフェラーリのジル、ヴィルヌーヴに接触されるアクシデントに見舞われた事を覚えています。
  • tor*****|2019/11/17 11:18

    違反報告

    MotoGPマシンは、ありません。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します