現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 ブラジルGP】フリー走行はベッテルがトップタイム…フェラーリのワンツー

ここから本文です
スポーツ 2019.11.17

【F1 ブラジルGP】フリー走行はベッテルがトップタイム…フェラーリのワンツー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジル、サンパウロのインテルラゴスサーキットで15日、F1ブラジルGPが開幕。初日のフリー走行2回目はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイム、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が2番手で、フェラーリがワンツーで締めくくった。

ドライコンディションでスタートしたフリー走行2回目だったが、その前に降った雨が残っている部分もあり、開始直後にロバート・クビサ(ウィリアムズ)がコースアウトして壁にヒットするなど、波乱の幕開けとなった。その後パラパラと雨が降る場面もあったが、ドライタイヤのままセッションは進行。最終的にダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)がコースアウトし赤旗中断。そのままセッション終了となった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

トップタイムをマークしたのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。残り1時間の時点で1分9秒570を記録してトップに立つと、残り40分の時点で1分9秒217までタイムを短縮。これが最終的にトップタイムとなった。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)で2分9秒238。このタイムで一時トップに立ったが、直後にベッテルに抜かれて2番手となった。3番手につけたのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)で1分9秒351。以下バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ケビン・マグヌッセン(ハース)と続いた。

フリー走行1回目でトップだったアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)は、セッション前半は5番手につけていたが、そこから大きくタイムを短縮することができず9番手。ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)はトラブルでマシンを止めて12番手。終了間際にコースアウトしたクビアトは14番手でフリー走行2回目を終えた。

■F1ブラジルGP フリー走行2回目結果

1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分9秒217

2. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分9秒238

3. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分9秒351

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分9秒373

5. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分9秒440

6. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分10秒143

7. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分10秒194

8. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分10秒210

9. アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)/1分10秒275

10. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分10秒310

11. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分10秒325

12. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分10秒352

13. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/1分10秒419

14. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分10秒424

15. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分10秒443

16. ロマン・グロージャン(ハース)/1分10秒504

17. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分10秒568

18. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分10秒700

19. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分11秒818

20. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/No Time

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します