現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルボン、インターミディエイトで最速タイム。「クラッシュを責めるつもりはない」と代表:レッドブル・ホンダF1

ここから本文です
スポーツ 2019.11.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1ブラジルGPの金曜、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=1番手/2=9番手だった。

 FP1でアルボンは路面が濡れていた時間帯にインターミディエイトタイヤでトップタイム1分16秒142をマークしたが、ソフトタイヤに履き替えてコースに出た際にコースオフ、バリアにクラッシュした。

    レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、フェラーリから0.1秒差の3番手「雨でも晴れでも僕らは強い」:F1ブラジルGP

 チームはFP2に向けてマシンを修理し、アルボンは無事にコースに復帰。31周を走り、1分10秒275をマークした。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン