現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マカオGPが行われるギア・サーキット、昨年の大事故受けてリスボアコーナーなどを改修。DRS区間も設定

ここから本文です
スポーツ 2019.11.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月14日(木)に開幕した第66回マカオGP FIA F3ワールドカップ。舞台となるギア・サーキットは昨年のレース中に起こった大事故を受け、リスボアコーナー周辺が一部改修されている。

 昨年のマカオGPでは、名物であるロングストレートの後半区間でソフィア・フルーシュがユアン・ダルバラと接触。フルーシュのマシンは縁石の内側にあったアスファルトエリア(写真参照)を高速で滑走した後、坪井翔のマシンを飛び越えてリスボアコーナー外側のキャッチフェンスを突き破り、仮設のカメラマンエリアに激突した。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン