現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 3.5秒遅くなるF1マシンは速さを取り戻せるのか。2021年新規則で25kg重量増

ここから本文です
スポーツ 2019.11.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年のF1新ルールパッケージにおいて、マシンの最低重量が変更され、現在の743kgから25kg増の768kgと規定された。理論的には、新レギュレーションによって、コース上でマシン同士が近づきやすくなりバトルが増える一方で、スピードは今より遅くなるといわれる。しかし各チームがマシンをうまく改良していき、最終的には現在の速さを取り戻すものと期待されている。

 FIAは、2021年仕様のF1マシンは今より3秒から3.5秒遅くなるものと予想しているが、重要なのはコース上でのバトルのしやすさであると述べている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン