現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC:王座獲得から中2日で上海へ飛んだ山下健太。決勝クラス6位も、レースペースに手応え掴む

ここから本文です
スポーツ 2019.11.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムの“WECチャレンジ・プログラム”に参加している山下健太は11月8~10日、中国の上海国際サーキットで行われたWEC世界耐久選手権第3戦上海4時間レースに出場し、LMP2クラスを戦うハイクラス・レーシングの33号車オレカ07・ギブソンを駆りクラス6位/総合11位でフィニッシュした。

 2019/2020年シーズンのWEC第3戦上海はスーパーGT最終戦もてぎの翌週開催となったことから、2019年のGT500シリーズチャンピオンを獲得した山下は中2日というスケジュールで上海入りすることに。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン