現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「まだ改善できる」“高み”を目指すハミルトン、タイトル6回でも慢心無し

ここから本文です
スポーツ 2019.11.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPで6度目のF1チャンピオン獲得を決めたが、更にキャリアベストのF1シーズンにすることを目指して進んでいる。

 今季のF1も残るところ後2戦となったが、ハミルトンには自身の年間最多勝利(11勝/今季10勝)&表彰台記録(17回/今季16回)を更新できる可能性が残っている。また、獲得ポイントの自己ベスト更新も狙える状況だ。

    ■3強のF1“支配”はまだ続く? フェラーリ、予算制限後も“序列は変わらない”と確信

 アメリカGP終了後、ハミルトンは今季がキャリアベストのシーズンになるよう目指していると話した。

「昨シーズンが終わった時には、もう次のシーズンを始めるように試みていた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン