現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC|セントラルラリー愛知・岐阜はヤリスWRCの勝田貴元が優勝。2020年ラリー・ジャパンへの課題も浮き彫りに

ここから本文です
スポーツ 2019.11.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年に開催が決まったWRC(世界ラリー選手権)の日本ラウンド。そのテストイベントとしてCentral Rally Aichi/Gifu 2019が愛知県と岐阜県を舞台に行われ、トヨタのYaris WRCを駆った勝田貴元&ダニエル・バリット組が優勝を果たした。2位にはシトロエンC3 R3を走らせた新井大輝&イルカ・ミノール組、3位にはシュコダ・ファビアR5の福永修&斎田美早子が入った。

 勝田は2位の新井に、3分50秒の差をつけての勝利だった。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン