現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGTラストランを終えたジェンソン・バトン、ホンダサンクスデーでファンに感謝伝える「最高の2年間だった」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.10

スーパーGTラストランを終えたジェンソン・バトン、ホンダサンクスデーでファンに感謝伝える「最高の2年間だった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月10日(日)にツインリンクもてぎで行われた『Honda Racing THANKS DAY 2019』。その中ではスーパーGTマシンによるエキシビションレース『SUPER GT Honda Grand Prix』が行われた。2019年限りでのスーパーGT離脱を発表しているジェンソン・バトン(#1 RAYBRIG NSX-GT)にとっては、今回がひとまずのスーパーGTラストランとなった。

 今回のエキシビションレースは、開発車両の99号車を含めた計6台のNSX-GTによって競われた。99号車はインディカーシリーズで活躍中の佐藤琢磨と現役F1ドライバーのダニール・クビアトという、サンクスデーならではの特別コンビとなった。

    ■ホンダサンクスデー2019開催。豪華顔ぶれが“カートレース”に興じる

 全7周のレースがスタートすると、1号車を駆る山本尚貴は1周でピットイン。今回で見納めとなるバトンの走りをファンに少しでも見せようという気遣いからか、残る大半の周回をバトンに託した。

 山本からマシンを託されたバトンは快走を見せ、17号車KEIHINに次ぐ2位でフィニッシュした。彼はその後マシンを降りると、日本のファンに向けての感謝の言葉を口にした。

「とにかくファンの皆さん、そしてホンダに感謝したい。ここにいる彼(山本)とチームクニミツで過ごした2年間は素晴らしいものだった」

「今回のレースはとても楽しかったよ。そしてスーパーGTでの2年間は最高だった。みんなありがとう!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します