現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.9

ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦上海4時間レースにおいて、トヨタのTS050 HYBRIDが重いサクセス・ハンディキャップを背負っていることから、LMP1クラスのプライベーター勢に対抗できないとドライバーのセバスチャン・ブエミは考えている。

 トヨタの2台は今回、1周あたり2.74秒相当の厳しいハンディキャップを受けており、放出できるハイブリッドエネルギー量や、燃料流量などが削減されている。

    ■WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

「今回は4時間のレースだ。何かが起こるかもしれないが、純粋なペースで言えば他のチームと戦えるという希望は持てない」

 ブエミはそう語った。

「(前戦の)富士から大きな打撃(ハンディキャップ)を受けたので、優勝するチャンスはないと感じている」

「僕たちはおそらく4番手か5番手からスタートすることになるだろう。戦ってみるつもりではあるが、今の時点では(優勝を)争うことはできないと思う」

 ブエミの悲観的なコメントは、FP1でトヨタが見せたペースに裏付けられる。上海のFP1では、レベリオン・レーシングの1号車がトップタイムをマークした。トヨタの7号車は1.3秒遅れの4番手。8号車は1.7秒以上の遅れで、LMP1クラス最後尾に沈んだ。

 FP2では、90分のセッション開始後にトヨタの2台が予選シミュレーションを実施。トヨタ8号車はFP1から大幅にタイムを上げたものの、チームLNTのジネッタ6号車に0.061秒及ばず、2番手となった。またトヨタ7号車は4番手だった。

 そのトヨタ7号車は、FP3で予選シミュレーションを実施し、後続に対して1秒差をつけるトップタイムをマーク。一方でトヨタ8号車は総合10番手と、LMP2クラスにも先行を許した。

 ブエミは、ハンディキャップの影響でLM-GTEクラスのマシンを追い抜くのも難しくなっていると説明した。

「パワーやブーストがかなり減らされているから、GTマシンをパスするのすら苦労しているんだ。だから本当に厳しいレースになると思う」

 上海国際サーキットは、2本の長いストレートを備えているコースだ。トヨタのシミュレーションの結果、そのコース特性がハンディキャップの悪影響を増幅していることが分かったと、ブエミは明かした。

「ここ上海は、こういった”ペナルティ”(ハンディキャップ)に対して、最も敏感なトラックだと僕たちは学んだ」

「もし富士で同じようなペナルティを受けていたとしたら、その影響は小さくなっていただろう」

 サクセス・ハンディキャップの計算式が、第2戦富士よりも厳しくなったこともトヨタにとっては逆風だ。

 ハンディキャップは当初、LMP1クラス最下位のマシンとのポイント差につき、1kmあたり0.008秒遅くなるように調整すると発表された。しかし、開幕戦後に計算式の定数部分が0.012秒に変更された。つまり、ハンディキャップが1.5倍に重くなったわけだ。にも関わらず、第3戦上海を前に2度目の変更が行われ、定数部分が0.01255秒へと上方修正されている。

 ジネッタ6号車はLMP1クラス最下位の”基準車”であるため、ハンディキャップは無し。レベリオン1号車は0.89秒、ジネッタ5号車は0.65秒遅くなるような調整を受けるが、変更されているのは車両最低重量のみとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Gary Watkins)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します