現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アメリカGPで予選低迷のハミルトン、マシントラブルに見舞われていたことが判明

ここから本文です
スポーツ 2019.11.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスF1チームは、第19戦アメリカGP予選でルイス・ハミルトンが速さを示せなかった理由を明らかにした。

 チームメイトのバルテリ・ボッタスはポールポジションを獲得したものの、ハミルトンは予選5番手に終わった。レース後、モータースポーツストラテジーディレクターのジェームズ・ボウルズは、ハミルトンのマシンのステアリングホイールに問題が発生していたと明かした。

    ロス・ブラウン「ハミルトンはシューマッハーとは異なるアプローチで成功を収めた」最初は疑問視していたとも明かす

「Q1とQ2ではバルテリとルイスは上位で互角のタイムを出していた。だがQ3になるとルイスは5番手にポジションを落とした」とボウルズは語る。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン