現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、最後尾から追い上げ5位入賞のアルボンを絶賛「16回もオーバーテイクをした」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・ホンダのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1第19戦アメリカGPの決勝レースで印象的な走りを見せ、一時は最後尾を走りながらも5位に入賞したアレクサンダー・アルボンを絶賛している。

 アメリカGPの決勝レースを6番手からスタートしたアルボンは、トラブルなく1コーナーに向かった。ところが1コーナーの出口では、左にシャルル・ルクレール(フェラーリ)、右にカルロス・サインツJr.(マクラーレン)と、アルボンは2台に挟まれてしまった。

    アルボン、最後尾から5位まで挽回「接触がなければ4位を狙えたかも」:レッドブル・ホンダ F1アメリカGP

 アルボンはサインツJr.と接触し、その影響で両者はコース外へ。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン