現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル育成枠を離脱し、来季インディ参戦のオワード。マクラーレンからF1テストにも参加か?

ここから本文です
スポーツ 2019.11.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンは2020年からシュミット・ピーターソンと提携してアロー・マクラーレンSPとしてインディカー・シリーズへフル参戦を開始する。

 そのドライバーとして起用されるのが、パトリシオ・オワードと、オリバー・アスキューの2名だ。両名とも下位カテゴリのインディライツでチャンピオンを獲得しているドライバーだ。(※2018年オワード/2019年アスキュー)

    ■「“意義ある”何かがあれば」マクラーレンCEO、アロンソとの関係継続に含み

 オワードは2019年序盤はカーリンからインディカーに挑戦していた。しかしその後レッドブルの育成プログラムに入り、F1参戦を目指していた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン