現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール、52秒遅れの4位「序盤にあれほど遅かった理由が分からない」とフェラーリ代表:F1アメリカGP

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

ルクレール、52秒遅れの4位「序盤にあれほど遅かった理由が分からない」とフェラーリ代表:F1アメリカGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1アメリカGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4位だった。ミディアムタイヤで4番グリッドからスタート、20周目にハードに、42周目にソフトに交換する2回ストップで走った。44周目にはファステストラップを記録し、ボーナスポイントを稼いだが、優勝したメルセデスのバルテリ・ボッタスから52.239秒遅れてのフィニッシュだった。

 チーム代表マッティア・ビノットは、「1セット目のタイヤにグリップがまるでなく、それがレース全体に影響した。(ファーストスティントで)なぜ彼があれほど遅かったのか、理由が分からなかった。分析して理解する必要がある」と語っている。

    ベッテル、サスペンション故障でリタイア「原因は調査中。なぜよりによって決勝で起きたのか……」:フェラーリF1

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=4位
 本当にきついレースだった。ファーストスティントではフロントタイヤの感触がよくなかった。グリップを感じられなかったので、一体何が起きたのか調べる必要がある。

 その後の2スティントではましになったけれど、決して素晴らしいといえるレベルではなかった。ライバルたちは速すぎてついていくことができず、孤独なレースだった。その上、チームの一台がリタイアしたのも残念だ。

 タイトルを獲得したルイス(・ハミルトン)におめでとうと言いたい。彼は素晴らしいチャンピオンだ。この栄誉にふさわしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します