現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス今季4勝目「フェルスタッペンを警戒して戦略変更。勝利を失うのではないかと心配した」:F1アメリカGP

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

ボッタス今季4勝目「フェルスタッペンを警戒して戦略変更。勝利を失うのではないかと心配した」:F1アメリカGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1アメリカGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは今季4勝目を獲得した。タイトル争いのライバル、ルイス・ハミルトンは2位に入ったことでチャンピオンを確定、ボッタスはチャンスを失った。

 ポールポジションからミディアムタイヤでスタートし、14周目にハード、35周目にミディアムに交換する2回ストップで走行。1回交換のハミルトンがレース中盤に首位に立つが、ボッタスは52周目にリードを取り戻し、優勝を飾った。

    6度目の王座獲得のハミルトン「ニキ・ラウダを失い、苦しみながらつかんだタイトル。この喜びは言葉で表現できない」

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=1位
 最初にルイスに心からおめでとうと言いたい。6度のタイトル獲得というのはすごい成績だ。今年も力強いシーズンを送り、全体的に見て彼の方が優れていた。このタイトルにふさわしいよ。

 ルイスは手ごわいライバルだ。ほとんど弱点がなく、ミスも犯さず、安定した走りをする。でも僕もいい流れをつかみつつあるから、来年また激しく戦うことを楽しみにしている。

 僕にとってもチームにとっても素晴らしい週末だった。僕は去年までこのサーキットで苦労してきたから、今日、トップでチェッカーを受けることができて最高の気分だった。

 楽なレースではなかった。スタートはうまく決まり、ファーストスティントは順調だったが、(序盤2番手を走行した)マックス(・フェルスタッペン)をカバーするために2回ストップに変更しなければならなかった。ルイスの1回ストップの方がいい戦略なのではないかと心配したよ。

 正々堂々と戦い、楽しいバトルができた。かなりプッシュする必要があったが、ペースがとてもよかったので、終盤にルイスに追いつくことができた。いいバトルをして、彼をオーバーテイクし、優勝をつかんだ。全力で戦った末に勝つのは、本当に気分がいいね。

(レース後記者会見で語り)プランAは1回ストップだったが、マックスがかなり早めにピットインしたので、彼をカバーするために僕も2回ストップに変更した。1回ストップのルイスが心配だったが、自分のことに集中し、すべてのラップ、すべてのコーナーを完璧に走るよう心がけ、ロスを最小限に抑え、ゲインできるところは最大限にゲインしようとした。楽なレースではなかっただけに、勝つことができて本当にうれしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します