現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 6度目の王座獲得のハミルトン「ニキ・ラウダを失い、苦しみながらつかんだタイトル。この喜びは言葉で表現できない」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

6度目の王座獲得のハミルトン「ニキ・ラウダを失い、苦しみながらつかんだタイトル。この喜びは言葉で表現できない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1アメリカGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは2位に入り、自身6度目のF1タイトルを獲得した。

 唯一残ったタイトル争いのライバル、バルテリ・ボッタスは優勝を獲得したものの、残り2戦の時点でポイント差は67点となり、逆転不可能になったため、ハミルトンの王座が確定した。F1タイトル獲得数で6回は、ミハエル・シューマッハーの7回に続く単独2位。

    F1アメリカGP決勝:ハミルトンが通算6回目のチャンピオン獲得。フェルスタッペンは黄旗に阻まれ追い上げ叶わず

 ハミルトンは5番グリッドからミディアムタイヤでスタート、1周目に3番手に上がり、24周目にハードに交換する1回ストップで、レース中盤にトップに立った。終盤、タイヤに苦しみ、2回ストップのボッタスにはリードを譲り渡したものの、同じく2回ストップのマックス・フェルスタッペンに対しては、イエローフラッグの力も借りる形でポジションを守り切った。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=2位
 今の気持ちを表現するのは難しい。「至福」という表現でも足りない。もっとずっと大きな感情だ。

 記憶にあるなかで一番きつい一年を過ごしてきた。アップダウンがあって、とても苦労したから、今は胸がいっぱいで、感情を抑えきれない。ファクトリーの皆、ダイムラー・ファミリー、ペトロナスには心から感謝している。全員が懸命に取り組んできたからこそ、この結果を達成することができた。このチームとともに働き、今日のようなパフォーマンスを発揮するためのベースを用意してもらって、このチームで走れることは、光栄なことであり名誉に思う。

 そしてニキ(注:ラウダ。メルセデスのノンエグゼクティブチェアマンを務めたが、2019年5月20日に死去)がここにいてくれたらと心から思う。彼は僕らのことを誇りに思ってくれただろう。ニキがいなければ、この成果を達成することはできなかった。僕らの心のなかには今も彼がいる。

 レース後、両親に会って、父の笑顔を見ることができた。その表情がすべてを物語っている。家族はずっと僕を支えてきてくれた。今日ここにこうして立っているのは彼らのおかげだ。皆に来てもらえてうれしく思う。

 昨日は苦労したが、今日はとにかく挽回して、チームのために1-2を飾りたかった。素晴らしい仕事をしたバルテリを祝福したい。

(レース後記者会見で語り)今年はニキを失い、チームにとって今までないほどに厳しい年だった。彼はチームにとって重要なメンバーだったから、彼を失って僕らはひどく動揺したんだ。

 それにこのマシンは扱いが簡単ではない。開幕戦に臨む時、僕らはライバルたちにかなわないだろうと予想していた。シーズン後半戦も厳しくて、僕らチームにとってこれほどきつい後半戦は初めてだと思う。今年は本当に大変なチャレンジに立ち向かってきた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します