現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 圧倒的な気分……歴代2位、自身6度目のタイトル獲得を決めたルイス・ハミルトン「厳しいレースだったけど懸命に働いた」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

圧倒的な気分……歴代2位、自身6度目のタイトル獲得を決めたルイス・ハミルトン「厳しいレースだったけど懸命に働いた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われたF1アメリカGPで、メルセデスのルイス・ハミルトンが2019年のF1ワールドチャンピオン獲得を決めた。これでハミルトンは、自身6度目のチャンピオン獲得。この数字は、ミハエル・シューマッハーの最多記録にあと「1」まで迫る歴代2位の記録だ。

 ただハミルトンにとってアメリカGPは簡単なレースではなかった。予選ではトップ4台から遅れを取る5番手。決勝レースでは優勝したバルテリ・ボッタス(メルセデス)と3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2ストップで迫り来る中、ハミルトンは1ストップで走りきったのだ。

    【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

「正直になるんであれば、圧倒的な気分だよ」

 レース後、ハミルトンはそうインタビューに語った。

「今日はとても厳しいレースだった。昨日も、僕らにとっては本当に難しい1日だったけどね。バルテリは素晴らしい仕事をしたから、心からお祝いを言ったよ」

「今日はチームのために、順位を上げて1-2フィニッシュをしたかっただけなんだ、1ストップは不可能だとは思わなかったけど、できる限り懸命に働いたよ。とても感動している」

 自身6度目のタイトルを獲得したことについて、関係するすべての人に感謝したいと、ハミルトンはその想いを語った。

「ここにはチームの全員がいる。そしてファクトリーにいるすべての人、母親と父親、育ての母と父、そして家にいる家族全員……その素晴らしい人たちと一緒にここに来られたことを、とても光栄に思っている」

「僕の父は、僕が6歳か7歳の時に決して諦めないように、と言ったんだ。それが、僕ら家族のモットーだ。できる限りプッシュした。今日は優勝できるかもしれないと期待したんだけど、残念ながらタイヤは残っていなかった」

 今後、さらにどんなことを成し遂げることができると考えているのか? そう尋ねられたハミルトンは、次のように語った。

「チャンピオンシップについては分からない。でもアスリートとしては、今もフレッシュであるように感じている。次のレースに向けて準備ができている。今後のレースでも妥協することはない。プッシュし続けるよ」

「世界中のチームLH、この週末のイベントに集まってくれた皆さん、そしてすべての英国人と英国旗を持ってくれている人たちに感謝しなければいけない。彼らが心から、僕を支えてくれているんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します