現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、2戦連続のタイム加算ペナルティ。ペレスとの接触を問われ12位に後退

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、2戦連続のタイム加算ペナルティ。ペレスとの接触を問われ12位に後退

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アメリカGPの決勝レースを10番手でフィニッシュした。しかし、最終ラップでレーシングポイントのセルジオ・ペレスを抜いた際に接触した責任を問われ、チェッカーフラッグ直後に5秒のタイムペナルティを受けた。

 クビアトはこれで12位に後退。ノーポイントでアメリカGPを終えることになった。

    【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

 クビアトに代わり、ペレスが10位に入りポイント獲得。アルファロメオのキミ・ライコネンが11位となった。

 チェッカーフラッグ直後にクビアトがタイム加算ペナルティを受けるのは、これで2戦連続。前戦メキシコGPの最終ラップでも、クビアトはルノーのニコ・ヒュルケンベルグに追突したとしてタイム加算ペナルティを受け、9位から11位に降格している。

 クビアトはメキシコGPの裁定について猛批判。「レースをする」というF1のポリシーに反していると主張した。

 なお今回の決定についてスチュワードは、次のように理由を説明している。

「スチュワードはビデオによる証拠を見直した。11号車(ペレス)がコーナーのエイペックスにいた際、26号車(クビアト)はインに飛び込み、僅かにロックアップし縁石から跳ね返ってしまった。そしてコーナー出口で外側に動き、11号車に接触してしまった」

 もう1台のトロロッソのドライバーであるピエール・ガスリーは、9番手を守るためにペレスとバトルをしていた際に接触。これによりダメージを受け、ピットストップを余儀なくされた。結局チェッカーフラッグは受けられなかったものの、16位完走扱いとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します