現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 11号車GAINER平中「棚ぼただが、そういう位置をキープできたことが優勝につながった」/スーパーGT第8戦もてぎ GT300優勝会見

ここから本文です
スポーツ 2019.11.5

11号車GAINER平中「棚ぼただが、そういう位置をキープできたことが優勝につながった」/スーパーGT第8戦もてぎ GT300優勝会見

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月3日にツインリンクもてぎで行われた2019年のスーパーGTシリーズ最終戦、第8戦もてぎの決勝レース。GT300クラスのファイナルラップ、ホームストレートで劇的な逆転を演じたGAINER TANAX GT-Rの平中克幸と安田裕信が優勝の喜びを語った。

GAINER TANAX GT-R
平中克幸
「今週末は、走り初めからすごくマシンのフィーリングがよかった。特にタイヤですね。ここ数戦は苦戦が続いていたなかで、ダンロップさんが新しいタイヤを持ち込んでくれました」

    【順位結果】2019スーパーGT第8戦もてぎ 決勝

「正直に言えばまったくテストしたことのないタイヤだったので、どうなるか不安なところもあったんですけど、そこはしっかり作り込んできてくれて、走り始めからつねにいいフィーリングでした」

「予選結果も優勝を狙えるポジションでしたし、レースにも期待していました。そのなかでLEON(PYRAMID AMG)がつねに速い状況で、さすがに無理かなとは思いました」

「(チェッカー目前のホームストレートでは)自分にとってもひさびさの表彰台でしたし、最終コーナーを立ち上がったところでちょっとアクセルを緩めてチームのほうへ寄っていこうかなと思ったら、LEONが思いのほか近くにいて『あれ?』と思いました」

「チェッカーに気づいていないのか、トラブルなのか、そのときはまったく分かりませんでしたけど、とりあえずアクセルを踏みなおして、そのまま抜いてチェッカーを受けました」

「チームも、僕がこの一件を無線で伝えても状況を把握していませんでした。棚ぼたでしたけど、そういう位置をつねにキープして走れたことが今回の優勝につながったと思います。完璧なレースができたと思います」

「シーズンを振り返ると、前半戦では早い段階で優勝できたので、今年こそは……という流れでした。ここ数年、GAINERで戦ってきたなかでシーズン中盤がウイークポイントなので、そこをなんとかしのぐことができれば、チャンピオン争いを優位に繰り広げられたと思いますが、今年もそこ(シーズン中盤)で落とすレースが続いてしまいました」

「シーズン後半戦にかけてもノーポイントのレースが続いてしまったので、そこが悔しいですし残念。それでも最終戦で優勝できたことは素直にうれしいです」

安田裕信
「4番手でスタートして、序盤にポジションを上げる自信はありました。マクラーレン(McLaren 720S)と56号車(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)の後ろについて、2台が接触したときに2番手に上がることができました」

「そのあと56号車に追いつきたかったんですけど、少し向こうのほうがペースがよくて、ピットに入るタイミングは56号車と同時で平中(克幸)選手に代わりました。そのあと平中選手もいいペースで走ってくれて、最後はラッキーもあって優勝することができました」

「スーパーGTでシーズン2勝したことはなかったのでうれしいですね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します