現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT第8戦もてぎ】6号車WAKO’S 4CR LC500、”執念”のオーバーテイクでGT500王者に輝く

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

【スーパーGT第8戦もてぎ】6号車WAKO’S 4CR LC500、”執念”のオーバーテイクでGT500王者に輝く

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ツインリンクもてぎで開催されたスーパーGT第8戦。2位に入った#6 WAKO’S 4CR LC500の大嶋和也と山下健太がドライバーズチャンピオンを獲得した。

 決勝直前に行われたウォームアップ中、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rにエンジントラブルが発生。10番グリッドにマシンを並べることなくリタイアとなってしまい、GT500クラスは14台が決勝レースを争うこととなった。

    ■第8戦もてぎGT300決勝:ゴール前でまさかの逆転劇! 11号車が今季2勝目、55号車が王座獲得

 ポールポジションは#36 au TOM’S LC500。2番グリッドにポイントリーダーの#6 WAKO’S 4CR LC500がつけた。逆転タイトル獲得を目指す#37 KeePer TOM'S LC500は、4番グリッドについた。

 気温23度、路面温度25度というコンディションで53周のレースがスタートすると、#36 au TOM’S LC500(中嶋一貴)は危なげなくトップをキープ。その後ろでは、#23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)が1コーナーで#6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也)のインに飛び込み、オーバーテイクを成功させた。

 6号車はペースが上がらず、#37 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)や#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大)にも先行を許してしまった。

 3番手の37号車は、前を走る23号車よりもペースが良く、背後にぴったりとつけるとGT300クラスの車両もうまく使いながら5周目にオーバーテイク成功。2番手に浮上し、トップの36号車を追った。

 23号車はさらに17号車、6号車にも相次いで先行を許してしまい、2番手から一気に5番手まで後退。その後もじりじりとトップグループから離されていった。

 36号車と37号車が徐々に後続との差を広げ、TOM'S勢がワンツー体制を構築。4番手の6号車はなかなか17号車をパスできない状態が続く苦しい展開だ。

 15周目、#12 カルソニック IMPUL GT-Rのエキゾーストから火の手が上がり130Rでマシンストップ。ドライブしていた佐々木大樹は慌ててマシンを降り、そのままリタイアとなった。エンジントラブルで予選を戦えなかった12号車は、エンジン交換による15秒のストップ&ゴーペナルティを消化、最後尾から追い上げを目指していた中でのトラブルだった。

 36号車がトラフィックに引っかかった隙に、37号車のキャシディがトップに躍り出ようと19周目に接近するが、36号車の中嶋も譲らずこれを抑え込んだ。

 一方、その後方では6号車が17号車とサイド・バイ・サイドのバトルを展開。大嶋が塚越を3コーナーでパスすることに成功し、3番手に浮上した。

 19周を終えると、37号車が真っ先にピットへ。残る33周を平川亮に託した。#38 ZENT CERUMO LC500や23号車もルーティーンのピット作業を実施した。

 これに反応するような形で、翌周にトップの36号車、3番手の6号車もピットインを行った。36号車の関口雄飛は37号車の前でコースに復帰するが、温まっていないタイヤでコースオフしかけるシーンも。再びTOM'S同士が接近することとなったが、ここでも36号車が前を守った。

 23周を終えたところで17号車もピットインし、GT500クラス全車がドライバー交代義務を消化。17号車はピットストップを遅らせた結果、38号車のアンダーカットを許し、6番手に落ちた。

 レース折り返しを過ぎても、レクサス勢のトップ3独占は変わらず。6号車が3番手につけている以上、逆転タイトル獲得には優勝が必要となる37号車だが、レース後半のペースは6号車(山下)の方が上のようで、31周目にはトップ3が連なっての走行となった。

 32周目、トラフィックに引っかかった36号車を交わした37号車がついにトップ浮上、TOM’S勢の順位が入れ替わる形となった。それに続いて2番手に上がりたい6号車だったが、36号車は巧みなブロックでそれを抑え込む。

 その間に37号車は4秒のリードを築き、優勝に向け独走態勢となった。一方、6号車の後ろには#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)も接近。ポイントリーダーの6号車にとってはつらい状況が続いた。しかし36号車も余裕がある状態ではなく、コーナーで何度か膨らみダートにタイヤを落とすシーンも見られた。

 接触ギリギリのところまで接近しプレッシャーをかけ続けた6号車は、38周目のヘアピンで36号車がトラフィックに詰まった隙を見逃さず、バックストレートで勝負に出た。うまく加速し、36号車に並びかけるとブレーキングで6号車が前に出たが、わずかにタイヤをロックさせてしまう。ラインをクロスさせる形となった2台は、サイド・バイ・サイドのままビクトリーコーナーの進入で接触、2台はビクトリーコーナーをインカットするようにコースオフした。

 あわやレクサスの同士討ちかと思われたが、2台ともにコース復帰。6号車が前で走行を継続した。後にこの接触は審議対象となったが、レーシングアクシデントだと判断され、ペナルティは出ず。執念のオーバーテイクで、6号車の山下が2番手に浮上した。これには、バトルを見守っていた6号車の脇阪寿一監督も大きくガッツポーズを見せた。

 トップ3に接近していた8号車は、40周を走り終えたところでピットイン。マシンをガレージに入れてしまう。ミッション系のトラブルが発生したようだ。しかしクルーがマシンを修復し6周遅れでレースに復帰するが、上位争いから脱落することとなった。これで4番手となった38号車はペースが上がらない36号車を追いかけた。

 ラスト10周に入るが、上位はこう着状態。36号車と38号車の3番手争いは接近しているものの、決め手に欠いたまま周回を重ねた。

 結局、37号車がトップチェッカー。逆転王者に向けて最大限の結果を残し、チームチャンピオンに輝いたものの、12.169秒差の2位に入った6号車がドライバーズタイトルを獲得した。

 3位には36号車、4位には38号車が入り、レクサスLC500がトップ4を独占した。

 ホンダ勢最上位は5位の17号車。6位には#1 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴がレース後半にポジションアップ。ジェンソン・バトンとのコンビ最後のレースを終えた。

 一時は2番手を走っていた23号車は、チェッカー間際に#19 WedsSport ADVAN LC500に交わされ、8位に終わった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します