現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリーが3戦連続でQ3進出「チームは週末のアプローチが的確になった」/F1アメリカGP予選後インタビュー

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

ガスリーが3戦連続でQ3進出「チームは週末のアプローチが的確になった」/F1アメリカGP予選後インタビュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピエール・ガスリーが好調だ。今週末のF1第19戦アメリカGPで10番グリッドを獲得し、これで10月中旬の日本GPから3戦連続して予選Q3進出を果たしたことになる。過去2戦のレースでも7位、9位と、コンスタントに入賞を重ねてきた。

 特に前戦メキシコGPではタイヤの劣化に苦しみながらも、粘り強い走りで最終周に入賞圏内に滑り込んだ。今週末の方が「よりレースに向けての手応えを感じている」というガスリー。トロロッソでは初めてとなる、3戦連続入賞を実現できるだろうか。

    ホンダ本橋CE予選後インタビュー:「ロングランも悪くないし、2台入賞したいですね!」/F1アメリカGP

──予選トップ10に入りましたが、最後のQ3では少し伸びを欠いた印象です。
ガスリー:僕としてはそれ以上に、3戦連続でQ3進出できたことに達成感を感じているよ。トロロッソでは、これまでやれなかったことだったからね。それだけ安定した速さが続けられたのは、素直にうれしいね。

 ここ数戦の予選に関しては、マクラーレンが直接のライバルになってるよね。でも彼らになかなか勝てないのは、ラップタイムのまとめ方が彼らの方が巧いからなんだ。

 今回で言うとセクター1は比較的よかったんだけど、最後のセクター3でタイムロスして、彼らを上回ることができなかった。ただQ1からコンスタントに速さを見せられたのは、よかったと思っているよ。

──先週のメキシコでは、中古ソフトでスタートして、かなり苦しみました。今回も同じタイヤ、同じグリッドですが。
ガスリー:メキシコは結果的には、あのタイヤでスタートしたのは正解じゃなかった。Q2をミディアムで通過する速さがなかったから、あれしかなかったわけだけどね。今回ももしかしたら予選11番手に留まって、自由にスタートタイヤを選択できた方がよかったかもしれない。でもメキシコに比べると、ソフトはより耐久、安定性があると感じている。よりレースに向けての手応えを感じているよ。

──初日にはハードタイヤでのロングランも、しっかりこなしてますしね。
ガスリー:2回ストップなのか、1回ストップでも行けるのか、明日のコンディション次第だけど、どちらにも十分対応できると思っているよ。中古ソフトのデグラデーションが、実際にレースを走り始めてどれぐらい進むか。それ次第で、戦略は変わるだろうね。

──今シーズンのトロロッソは、去年に比べてコンスタントに結果が出せているイメージです。具体的に、何が変わったんでしょう。
ガスリー:マシンパッケージの戦闘力が上がったのは、確かにある。もちろん、ホンダ製パワーユニット(PU/エンジン)の性能もね。でもそれ以上にレース週末のアプローチが、的確にできている印象だ。

 レース現場に来ると、必ず想定外のことが起きる。でもそういう場合でも、今年のチームはしっかり対応できていることが多い。その結果、その時点でのクルマの性能を、きっちり引き出せているんだ。シーズン後半に戻って来て、それが一番強く感じた(去年からの)変化だね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します