現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 0.012秒差でF1アメリカGPのポール逃したベッテル「1回目のアタックで守りに入りすぎた……」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

0.012秒差でF1アメリカGPのポール逃したベッテル「1回目のアタックで守りに入りすぎた……」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第19戦アメリカGPの予選は稀に見る接戦となった。ポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタス(メルセデス)と2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)との差は、僅か0.012秒しかなかった。

 今回のレースが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、高速でアウトに膨らむコーナーが多いこともあり、トラックリミット違反でタイムを抹消されるケースがフリー走行から相次いでいた。

    【動画】2019年F1第19戦アメリカGP予選ハイライト

 そのためベッテルは1回目のアタックで高速の最終セクションを安全に通過し、確実にタイムを残すことを優先した。トラックコンディションが向上するとされる最終アタックでは、より良いタイムを刻む自信があったからだ。

 しかしながら、大方の予想に反して最終アタックではどのドライバーも軒並みタイムが伸びず、ベッテルもベストタイムを更新することはできなかった。

「とても良いセッションだった。マシンを走らせることを楽しんでいた」とベッテルは語った。

「ただ、ポールポジションを獲ったバルテリはもっと楽しんだと思う」

「(1回目のアタックを終えてボッタスとの)ギャップはとても小さく、100分の1秒やそこらだった。最初のラップはとても良かったけど、少し守りに入り過ぎていたかもしれない。まずは確実にタイムを残して、次のラップでタイムを上げようとしていたんだ」

「残念なことに2回目のアタックでタイムを上げることができなかったので、僕の計画はうまくいかなかった。全体的には良かったと思う。マシンの調子は上がってきているので、明日(決勝)は良いレースができると思う」

 一方のボッタスは、3回のフリー走行でいずれもトップ3に食い込むことができていなかった。しかしながら、セットアップを大幅に変更したことがポールポジションに繋がったようだ。

「ポールポジションを獲れて本当に嬉しい。Q3の最初のアタックはとても良かったし、こういったトラックではフィーリングが良いんだ」とボッタスは語った。

「昨日(金曜)はトリッキーなコンディションで、マシンのあらゆることが正しく機能していなかったけど、今朝なんとかその理由を見つけ出すことができた」

 ボッタスがチームメイトであるルイス・ハミルトンのタイトル確定を阻止するためには、まず優勝することが絶対条件となっている。ただ彼は、チームがこれまでに見せてきたレースでの強さを引き合いに出し、決勝には自信があると話した。

「僕たちは基本的にレースで競争力があるので、ポールポジションからスタートできるのはとても良いことだ」とボッタスは続けた。

「いくつか前のマシンを追いかけるのが難しいコーナーはあるけど、僕たちには良いペースがある。僕の頭の中はそのこと(レース)でいっぱいだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します