現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール、PU交換もペナルティはなし「問題が相次ぎ走行時間をロス。予選4番手で満足するしかない」フェラーリF1

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

ルクレール、PU交換もペナルティはなし「問題が相次ぎ走行時間をロス。予選4番手で満足するしかない」フェラーリF1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1アメリカGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4番手だった。ルクレールはFP3のアウトラップでトラブルのためコース脇でストップ。チームは後にオイル漏れのトラブルが発生したため、ユーズドの他のパワーユニットに載せ替えると発表した(ペナルティは発生しない)。作業は予選開始に間に合い、ルクレールは無事に予選に参加することができた。

 Q1では1分33秒988で12番手、Q2ではミディアムタイヤで2回のランを行い1分32秒760でトップ、Q3では1分32秒137を記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが記録した予選3番手タイムとの差は0.041秒、メルセデスのバルテリ・ボッタスによるポールタイムからは0.108秒差だった。

    ルクレール、バンプの影響でマシントラブル「今後問題が起こらないよう、うまく対応する必要がある」:フェラーリF1

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 予選=4番手
 FP1の半分とFP3のすべてを走れず、今週末は走行時間をかなり失ってきた。そのために予選は楽ではなかった。理想的な状況ではないが、それもレースの一部だ。

 Q2を終えた段階で自信を持って走れるようになってきたけれど、Q3では単純にライバルたちの方が速かった。僕は常に上を見ている人間だが、それでもいろいろな要素を考慮すれば、今日は4番手で満足していいと思う。

 気持ちはすでにレースにシフトしている。ここはスタートがトリッキーなので、そこでチャンスが出てくることに期待しよう。路面はかなりバンピーだけど、それが状況を面白くするから、僕は気に入っている。バンプへの対処の仕方がマシンバランスに影響し、ドライバーが力を発揮する余地もある。

 昨日のテストでは僕らのレースペースは素晴らしいと言えるものではなかったから、マシンの改善に取り組んできた。その変更が効果をもたらすだろうと楽観的に見ているよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します