現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto3マレーシア決勝:鈴木竜生、不運の転倒リタイア。ダラ・ポルタ今季4勝目

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

Moto3マレーシア決勝:鈴木竜生、不運の転倒リタイア。ダラ・ポルタ今季4勝目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 MotoGP第18戦マレーシアGPのMoto3クラス決勝が行われ、Moto3チャンピオンのロレンソ・ダラ・ポルタが今季4勝目を挙げた。

 レース開始前のサイティングラップで、ジャウマ・マシア(Mugen Race)がバックストレートでマシンを停めてしまう。しかし、なんとかウォームアップラップに間に合ったため、最後尾からスタートすることができた。ここでレースを諦めなかったことが、大きな結果に繋がることになった。

    ■ルイス・ハミルトンとバレンティーノ・ロッシ、“愛機”交換を12月に実施

 日本勢は鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が2番グリッドとフロントロウからのスタートだ。また8番グリッドには佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)がつけた。

 マレーシアという熱帯らしく、気温32℃、路面温度45度という高温なコンディションで17周の決勝レーススタート時刻を迎えた。

 スタートでは鈴木が良い蹴り出しをみせたが、ホールショットを奪ったのはアルベルト・アレナス(Gaviota Angel Nieto Team)。さらにポールスタートのマルコス・ラミレス(Leopard Racing)が2番手に続く。しかし鈴木のスピードは素晴らしく、後半セクターで先頭に浮上。そのままオープニングラップを首位で通過した。

 鈴木はそのまま集団をリードするかと思われたが、ガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が一気に追い上げてきたことで、トップを明け渡してしまった。

 鈴木、ロドリゴ、アレナスのトップ3は互いに抜き合いながら3周を消化。バトルが展開されたことでペースの上がらない状態が続き、後続を引き離すことができない。

 ひとまずロドリゴがトップを引っ張ろうとするが、上がらないペースに焦れたか鈴木が軽々とトップに浮上。ただギャップを築くまでは至らず、6周目から再びチャージをかけられてしまった。

 そしてターン4を立ち上がった後、鈴木、ロドリゴ、アロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)の3台が絡む多重クラッシュが発生してしまった。立ち上がりでロドリゴがラインを外してハイサイドを喫すると、真後ろにつけていた鈴木が巻き込まれてクラッシュ。さらに避けきれなかったロペスもこの転倒に巻き込まれてしまった。

 先頭集団はこのクラッシュで大きく順位が変動。セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)がトップに立ち、アレナス、ロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)、マシアが続いた。マシアは最後尾スタートながら、すでにこのポジションまで追い上げていたのだ。

 トップ集団はビエッティが先頭で残り10周に突入。ダラ・ポルタが徐々にチャージをかけだすと、残り9周で先頭に立った。

 後方ではターン4でアンドレア・ミーニョ(Mugen Race)、鳥羽海渡(Honda Team Asia)、佐々木の3名が絡むクラッシュが発生。3名ともこのクラッシュでリタイアとなった。

 残り6周、2番手をビエッティとアレナスが争っていたことで、若干ダラ・ポルタが抜け出す形になった。しかしビエッティがその周の内に追い上げを見せ、リードを保つことができなかった。

 結局ダラ・ポルタ、ビエッティ、アレナスのトップ3は変わらないままレースは5周となった。なおトップ集団まで追い上げてきたライダーの中に小椋藍(Honda Team Asia)がおり、団子状態の集団でのチャンスを伺っていた。

 レースは残り3周。アレナスがチャージを開始するが、ビエッティとのバトルになり、その隙をマシアに突かれて後退してしまった。

 トップはダラ・ポルタのまま残り2周に入るが、再びアレナスが3番手に浮上してビエッティもそのままパス。ダラ・ポルタに迫った。

 ダラ・ポルタ、ビエッティ、アレナスの並びで最終ラップに突入すると、ターン1でビエッティがインに入りトップを奪取。ターン4にかけてのブレーキングで挙動が怪しくなったが、なんとかポジションを守った。

 しかしターン9でダラ・ポルタがブレーキング勝負でトップを奪い返し、そのままギャップを築いて最終コーナーに向かった。

 その最終コーナーを先頭で立ち上がったダラ・ポルタは危なげなく加速し、トップチェッカー。3連勝でチャンピオンの力を見せつけた。

 2番手はセルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)。最終セクターでの競り合いでポジションを上げ、初の表彰台を獲得した。3番手には最後尾スタートからごぼう抜きの走りを見せたマシアが入った。

 なお最後まで表彰台圏内を争っていたアレナスは、最終コーナーで転倒。12位でチェッカーを受けた。

 日本勢は小椋が最後にポジションを上げて4位でフィニッシュ。最終コーナーでポジションを上げたが、表彰台までは届かなかった。

 また真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)は途中ポイント圏内を走っていたものの、最終的に18位。ポイント獲得はならなかった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します