現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FP1、FP2ともに中団最上位。トロロッソ・ホンダのガスリー、アメリカGP初日は絶好調「マシンは望んでいたレベルにある」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

FP1、FP2ともに中団最上位。トロロッソ・ホンダのガスリー、アメリカGP初日は絶好調「マシンは望んでいたレベルにある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソのピエール・ガスリーは、F1第19戦アメリカGPのフリー走行1回目で4番手、フリー走行2回目で7番手となり、どちらも中団グループの最上位につけた。

 FP1ではメルセデス勢が2020年仕様のテストタイヤでの走行に注力したということもあり、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)に次ぐタイムを記録した。

    ■レッドブル重鎮、ホンダへの信頼揺るがず「来季に向けての自信を与えてくれる」

 全車がソフトタイヤでのアタックを行ったFP2でも、ガスリーは3強チームの6台に続くタイムを記録した。これには本人もかなりの手応えがあったようだ。

「4番手と7番手で終わることができて、とてもいい1日だった」とガスリーはホンダのプレスリリースに語った。

「マシンの感触が本当によくて、FP1からFP2にかけて行ったセットアップの方向性も良かったと思う。望んでいたレベルにマシンを持っていけたので、満足している」

「明日はややコンディションが変わるはずなので、適切な変更を施して、予選、決勝でも今日と同じようなパフォーマンスを発揮し、同じくらいのポジションにいなければいけない。このコースは最高速が高く、高速コーナーも多いので気に入っていて、ドライビングは本当に楽しい」

 なおガスリーはレッドブルからトロロッソに復帰となった第13戦ベルギーGP以降もコンスタントに入賞しており、ベルギー以降、チームメイトのダニール・クビアトの獲得ポイントが7にとどまっているのに対し、ガスリーは倍の14ポイントを稼いでいる。今季も残り3レースとなったが、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)やアルボンとのランキング6位争いにも注目だ。 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します