現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初日最速のハミルトン「これほどバンピーな路面は初めて。走っていて気分が悪くなった」:メルセデス F1アメリカGP

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

初日最速のハミルトン「これほどバンピーな路面は初めて。走っていて気分が悪くなった」:メルセデス F1アメリカGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1アメリカGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=8番手/2=1番手だった。

 FP1では1分35秒439(1分35秒002はトラックリミットを超えたため取り消しに)、FP2では1分33秒232を、それぞれソフトタイヤでマーク。午前中は今回金曜用に持ち込まれた2020年向けテストタイヤでの周回を中心に行った。

    ルクレール、バンプの影響でマシントラブル「今後問題が起こらないよう、うまく対応する必要がある」:フェラーリF1

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン フリー走行1=8番手/2=1番手
 今日はコース上の気温がとても低かったが、少なくとも太陽は出ていた。最初のセッションは2020年仕様のタイヤを試し、とても興味深かった。

 FP2は通常に近いセッションで、とてもスムーズに進んだ。ただ、今年の路面はすごくバンピーだね。バンプはサーキットのひとつの特徴になり得るし、僕は完全にスムーズな路面のサーキットが好きなわけではない。ただ、ここのバンプはかなり大きい。

 僕らドライバーにとっての問題は、マシンのサスペンションの可動域がそれほど大きくないことだ。そのためにフロアに直に座っているような感じで、(バンプで跳ねると)背骨が圧縮されるように感じる。

 FP1ではバンプを越える時の感じがひどかったから、午後に向けて少しでもよくなるよう変更を施した。

 今週末を楽しみにしている。総合的に僕はこのトラックが大好きだし、今日のマシンはまずまずだった。それでもやるべき作業はたくさんあるから、明日強さを発揮できるよう、今夜データを詳しく分析していくよ。

(Sky Sportsに語り)FP1の後は、気分があまりよくなかった。これほどバンピーな路面を走ったのは初めてだ。頭痛がして、横にならなければならなかった。シートにクッションを敷きたいぐらいだね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します