現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2マレーシア予選:タイトルに王手かけるアレックス・マルケスがPP。長島哲太は2番グリッド獲得!

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

Moto2マレーシア予選:タイトルに王手かけるアレックス・マルケスがPP。長島哲太は2番グリッド獲得!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPのMoto2クラス予選が行われた。タイトル獲得に王手をかけているポイントリーダーのアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)がポールポジションを獲得し、長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)が2番手につけた。

 直前に行われたMoto3クラスの予選では雨粒が落ちるなど、不安的な天候に悩まされた。このセッションでも降雨が心配される中、まずは15分間の予選Q1がスタートした。

    ■ファクトリーマシン獲得は当然? 自信見せるクアルタラロ、予選でレコード更新狙う

 各ライダーが1回目のアタックを行うと、ソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)が2分06秒061でトップタイムをマーク。そこにロレンソ・バルダッサーリ(FLEXBOX HP 40)が続いた。4番手につけていたステファノ・マンツィ(MV Agusta Temporary Forward)は2度目のアタックで2分05秒956をマークしてチャントラのタイムを塗り替えてトップに浮上した。

 チャントラはターン9で転倒があったようで、押しがけでコースに復帰。ピットに戻って修復作業が行われた。

 残り5分の段階で、マンツィ、チャントラ、アウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)、ニッコロ・ブレガ(SKY Racing Team VR46)までがQ2進出圏内。フェルナンデスは2分05秒897にタイムを更新してトップにつけた。

 その後、マンツィも転倒を喫しピットへラストアタックを行えないまま後続の結果を待つこととなった。そんな中、ラストアタックではジェスコ・ラフィン(NTS RW Racing GP)が土壇場で2分06秒014で3番手に飛び込んだ。これでQ2進出はフェルナンデス、マンツィ、ラフィン、チャントラの4台となった。

 ポールポジションを決するQ2がスタート。開始早々ホルヘ・ナヴァッロ(Beta Tools Speed Up)が転倒。逆転タイトルの可能性を残しているだけに痛い転倒となってしまった。

 最初のアタックではトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)が2分05秒859でトップに立つと、長島が2番手につけた。2周目のアタックではマルケスが2分05秒244をマーク。トップタイムとなった。7番手まで落ちていた長島は2分05秒395にタイムを更新し、2番手のポジションを取り戻した。

 ナヴァッロはセッション終盤に復帰を果たすも、転倒の影響があったのか、2分06秒126で15番手タイムにとどまった。

 コース上には若干の雨粒が落ちているようで、ラストアタックでタイムを更新するライダーはほとんど現れず、マルケスのポールポジション、そして長島のフロントロウが確定した。3番手にはポイントランキング3番手のブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が入った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 戎井健一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します