現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGTが2020年からフルコースイエローを導入へ「観ていて面白いレースを」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

スーパーGTが2020年からフルコースイエローを導入へ「観ていて面白いレースを」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションの坂東正明代表は、11月2日にツインリンクもてぎで行われたGTA定例記者会見のなかで、2020年からこれまでのセーフティカーのシステムに代わり、フルコースイエロー(FCY)を導入する意向を明らかにした。

 スーパーGTではこれまで、レース中にアクシデントが起きた場合セーフティカーが導入され、GT500クラス、GT300クラスの混走であるため一度メインストレート上で順位整理が行われ、リスタートを迎えるシステムが採られていた。

    その時、何が起きていたのか。ドライバーたちが振り返る波乱のスーパーGT第6戦オートポリス《GT500あと読み2》

 ただ、2016年からSC中のピットインがスポーティングレギュレーションで禁じられてからは戦略上レース展開を左右するシーンが数多く見られており、セーフティカーのタイミングで上位進出の機会を失うチームや、逆に大きな利を得るチームが見られていた。

 そんななか、坂東代表は11月2日の定例記者会見のなかで、セーフティカーについては「もう少しクリアにしたい」とし、「2020年からフルコースイエローを導入する」と明らかにした。

 これまでも坂東代表はFCYの導入を検討していることを何度か語っていたが、課題となっていたのはシステム面。これまで導入が検討されていたシステムでは、減速した車両の速度管理を行うために、すでに導入可能なサーキットがある一方で、まだ対応できないサーキットがあったり、また日本国内では、F1やWEC等の国際レースでは電波法で使用が認められる部分が、国内シリーズでは使えないなど、コストをはじめさまざまなハードルがあった。

 そこで、スーパーGTでは、F1やF2/F3、DTM、ル・マン等でコース上の安全に関する設備を手がけているEMモータースポーツ製の、計時システムを使ったFCYのシステムを採用し、今後オフシーズンにテストを重ねた後、来季から導入する意向だという。

 システムの導入にあたって大きなコストは発生するものの、「少しでも観ていて面白いレースを作っていきたい」と坂東代表は語る。戦略面でも大きな影響があるが、クリアな戦いができることでよりファンやチームにとってはプラスになる決定になりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します