現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アメリカGP FP1:レッドブル・ホンダが1、3番手の好発進。各チームは2020年F1新タイヤもテスト

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

F1アメリカGP FP1:レッドブル・ホンダが1、3番手の好発進。各チームは2020年F1新タイヤもテスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1第19戦アメリカGP金曜フリー走行1回目はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。チームメイトのアレクサンダー・アルボンは3番手に付けている。

 朝から雲ひとつない快晴に恵まれたサーキット・オブ・ジ・アメリカ。しかし気温9℃、路面温度15℃と、ウィンターテスト時のバルセロナより寒い。ウイリアムズはジョージ・ラッセルに代わって、ニコラス・ラティフィが出走。セッション序盤には、多くのドライバーが来季2020年用タイヤをテストした。

    【タイム結果】F1第19戦アメリカGPフリー走行1回目

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)が走り出してすぐに、「エンジンに問題があるようだ」と、すぐに戻り、しばらくガレージにこもりきりになった。マクラーレンのカルロス・サインツJr.も、チェック走行を1周走っただけだ。

 開始後32分にはラティフィが、ターン7でコースオフ。「突然、ギヤがニュートラルになってしまった」と、何とか惰性でピットに戻って行った。もともと軟らかい地盤の上に造成されたコースだが、今年は特にバンピーな路面を訴えるドライバーが多い。ラティフィのトラブルも、バンプに乗ったことがきっかけのようだ。

 最初のタイヤセットを返す開始後40分の時点で、アルボンがトップ。0.1秒差でフェルスタッペンが2番手。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がほぼ同じタイム差で3番手に付けている。ルクレールが、ようやくコース復帰。サインツもその数分前に、周回を再開した。メルセデスの2台は2020年シーズンに向けてのデータ収集に専念し、後方の順位に留まっている。

 このセッショントップは、1分34秒057のフェルスタッペン。ベッテルが、0.169秒差で2番手。アルボンはこのサーキット初体験ながら、チームメイトから0.259秒差の3番手に付けた。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、中団勢トップとなる4番手。ダニエル・リカルド(ルノー)、ロマン・グロージャン(ハース)と続き、ルクレール、ハミルトンは7、8番手だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します