現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 田辺TD直前インタビュー:ホンダ復帰後100戦目となるF1アメリカGP「いい戦いをファンの人たちに見てもらいたい」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.1

田辺TD直前インタビュー:ホンダ復帰後100戦目となるF1アメリカGP「いい戦いをファンの人たちに見てもらいたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末のF1第19戦アメリカGPは、ホンダにとっては2015年に復帰して以降100戦目。そしてマックス・フェルスタッペンにとっても、奇しくも通算100戦目となる。田辺豊治テクニカルディレクターは、「実際に走ってみないと」と、いつもながら慎重な物言いだったが、高いパフォーマンスを発揮した1週間前の第18戦メキシコGPは「テストして決めたものを適応して、問題なく機能した」と、自負している。はたしてホンダとフェルスタッペンにとっての100戦目を、素晴らしい結果で飾ることができるだろうか。


──今週末のレースで、ホンダ復帰後100戦目です。
田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):ええ。どこまで戦闘力を発揮できるか、明日から実際に走ってみないとわかりませんが、パッケージがサーキットに合っていればいいですね。

    F1メキシコGP技術解説:標高2240mに挑んだレッドブル・ホンダの冷却対策

──メキシコは純粋な速さはあったわけですが、それが平地のここに引き継がれない恐れもありますか?
田辺TD:それは、十分にありえますね。

──それは車体、パワーユニット(PU/エンジン)の両方でしょうか?
田辺TD:パワーユニットは、特に大きな変化はないと思います。ビックリするような話はないかと。メキシコは特殊な条件でしたから、各メーカーが一生懸命に合わせて来たわけですが。

──ホンダはその中でも、うまく合わせられたという手応えはありましたか?
田辺TD:自分たちの中では、テストして決めたものを適応して、問題なく機能した。その意味では、うまく行ったと思っています。
──今週末は非常に気温が低いですが、パワーユニット的にはこちらの方がありがたいですか?
田辺TD:それぞれ、得手不得手がありますから。日本人は、蒸し暑いのが好きですし。

──それは、擬人化しているわけですか?
田辺TD:まあ(笑)。もちろん一般的には、楽ですよ。信頼性的にも楽ですし、空力セッティングとのバランスで、何とか頑張って冷やさないと、というのはありませんから。渋滞にはまって冷えない、ということも起きにくい。

──このサーキットも長いストレートが特徴ですが、パワーユニット的にはそれほどチャレンジングではない?
田辺TD:そうですね。全開率も、さほど高いわけではありませんし。

──鈴鹿ほど、チームごとの戦闘力の差が浮き彫りにはならない?
田辺TD:そこは実際に走ってみないと、わかりませんが。

──フェラーリは、「ストレートが長いから、自分たちが有利だ」と言っています。
田辺TD:それはあくまで、パッケージとしてですよね。純粋にパワーユニットだけの比較では、それほど差はないのかなと。

──アメリカでのレース経験も豊富な田辺さんにとっては、特別なGPのひとつですか?
田辺TD:そうですね。でもそれ以上に思うのは、F1はなかなかこの国に根付いていない。でもホンダのファンやユーザーを含め、レースファンの人たちはしっかりフォローしてくれている。その人たちにきちんといい戦いを見てもらって、さらにF1とホンダのファンが増えれてくれればと思いますね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します