現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アメリカGPでの連勝を狙うフェラーリF1、接戦を予想。「金曜にタイヤの理解を深めることが重要」とベッテル

ここから本文です
スポーツ 2019.11.1

アメリカGPでの連勝を狙うフェラーリF1、接戦を予想。「金曜にタイヤの理解を深めることが重要」とベッテル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1メキシコGPとアメリカGPの2連戦は、ドライバーに対して要素の異なる課題を与える。しかし、前戦メキシコで速さを発揮したフェラーリは、アメリカで好結果を獲得することを目指している。

 2018年アメリカGPでは、フェラーリを駆るキミ・ライコネンが5年半ぶりの優勝を飾った。ライコネンは今年はアルファロメオから参戦しているが、昨年4位に終わったセバスチャン・ベッテルは、今年はいい結果を出したいと考えている。

    F1アメリカGPのタイヤ選択が明らかに。レッドブル・ホンダはフェルスタッペンとアルボンが同じ選択

「オースティンでのアメリカGPは、高地のメキシコと比べるとまったく異なる挑戦になる」とベッテルは語った。

「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)はエキサイティングなコースで、様々なコーナーリングスピードと多くの方向転換に対応することになる。かなりバンピーで、ビッグブレーキングの箇所が特にそうだから、簡単にホイールをロックしがちだ」

「戦略の選択肢はかなり幅広く、ワンストップでもツーストップでもいけそうだ。タイヤを正しい作動領域内に入れるのが難しいコースだから、金曜日の走行は、タイヤを理解してレースに備えるために重要になる」

 昨年、アメリカGPの金曜日は激しい雨に見舞われ、ドライバーはガレージにとどまることを強いられ、十分な走行ができなかった。

「昨年は金曜日の悪天候で、誰も有益な走行ができなかったから難しいものになった」とベッテルは語った。

「今年の天気予報によるとドライにはなるものの、気温はかなり低くなるらしい。僕たちには相性の良いコースになるはずだけど、昨年目にしたように保証は何もないし、競争も激しい」

 シャルル・ルクレールにとっては2度目のCOTA訪問となる。昨年はザウバー、今年はフェラーリでレースを戦う。 

「アメリカでの滞在をとても気に入っている。オースティンの街は素晴らしい」とルクレールは語った。

「素晴らしいロケーションで、イベント全体を取り巻く雰囲気が、いつもとは違う特別なものなんだ」

「コース自体もかなりユニークだ。世界中の最も象徴的なレースコースの一部を集めたようなレイアウトで、僕たちドライバーに素晴らしい課題を与えてくる。ロングストレートと様々なタイプのコーナーがあって、マシンにとって適切なバランスを確実に見つける必要がある。反時計回りに走る数少ないサーキットのひとつでもあるので、ドライバーにとって混乱する部分もある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します