現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > NASCAR第33戦:トヨタのトゥルーエクスJr.が全ステージ制圧。レース後には乱闘騒ぎも

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

NASCAR第33戦:トヨタのトゥルーエクスJr.が全ステージ制圧。レース後には乱闘騒ぎも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のモンスターエナジーNASCARカップは10月27日、バージニア州マーティンズビルのマーティンズビル・スピードウェイで第33戦が行われ、マーティン・トゥルーエクスJr.(トヨタ・カムリ)が優勝。シリーズ制覇に向け、まずはチャンピオン決定戦“プレーオフ”最終戦への切符を手にした。

 年36戦で争われているNASCARカップシリーズは、終盤10戦がプレーオフとして行われており、最終戦までの9戦でチャンピオン候補が16名から4名まで絞られる。第33戦マーティンズビルでは8名がチャンピオン獲得権を持ってレースへ臨んだ。

    NASCAR第32戦:トヨタのハムリンが2019年シーズン5勝目。下位クラスではスープラ勝利

 その第33戦はシリーズでもっとも1周が短い0.526マイル(約850メートル)のマーティンズビルが舞台。決勝レースは130周、130周、240周の3ステージ合計500周で争われた。

 ステージ1では、3番手スタートだったトゥルーエクスJr.が序盤にトップへ浮上すると、そのまま逃げ切りトップチェッカー。2位にデニー・ハムリン(トヨタ・カムリ)が続き、トヨタ勢がワン・ツーを決めている。

 ステージ1を制したトゥルーエクスJr.はステージ2でもペースを落とさず。チェッカー目前でカイル・ラーソン(シボレー・カマロZL1)を交わし、2ステージ連続でトップチェッカーを受けた。

 迎えたステージ3も、トゥルーエクスJr.が独走し、狭いトラックながら一時は2番手に3秒以上もの大差をつけてみせる。

 終盤にはウイリアム・バイロン(シボレー・カマロZL1)など、ライバルの猛攻を受けたもののポジションは譲らず。最終的にトゥルーエクスJr.は500周中464周でラップリーダーを務める圧倒ぶりで自身通算26勝目を飾った。

 この勝利でトゥルーエクスJr.は最終戦をチャンピオン候補のひとりとして争うことが確定。2017年以来のシリーズ制覇へ望みをつないだ。

 レース後には、ステージ3終盤に接触があったジョーイ・ロガーノ(フォード・マスタング)とハムリンが口論の末、ロガーノがハムリンの肩を押したことであわや乱闘騒ぎに。両チームのクルーが止めにかかる一幕も見られた。

 この週末は下位シリーズのNASCARガンダー・アウトドアズ・トラック・シリーズの第21戦もマーティンズビルで行われ、19歳のトッド・ギリランド(トヨタ・タンドラ)が悲願のシリーズ初優勝を飾っている。

 2019年のモンスターエナジーNASCARカップ、第34戦は11月3日にテキサス州フォートワースのテキサス・モーター・スピードウェイで行われる。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します