現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:「2位では価値がない」。2019シーズン後半に入って目立ってきたビニャーレスのポジティブなコメント

ここから本文です
スポーツ 2019.10.31

MotoGP:「2位では価値がない」。2019シーズン後半に入って目立ってきたビニャーレスのポジティブなコメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第17戦オーストラリヤGPのMotoGPクラスでは初日から好調だったマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)。ウエットのフリー走行1回目(FP1)、ドライのフリー走行2回目(FP2)でトップタイムを記録。2日目も雨と風の影響を受けたFP3でトップタイム、強風のためセッションが中断されたフリー走行4回目(FP4)ではマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)にトップを譲ったものの2番手につけ、日曜日の午前にスケジュールが変更された予選Q2では2018年のポールタイムを更新して、2019年3回目のポールポジションを獲得した。

 2018年のオーストラリヤGPではマルケスが序盤にリタイアに終わったとは言え、中盤には後続とのリードを広げて独走優勝を飾っていたビニャーレス。2019年も優勝候補の筆頭で、初日から「フィーリングがとてもいい。このコースではいつも、素晴らしいラップタイムを記録することができる。マシン、セッティングもとてもうまくいっている」とポジティブなコメントを残していた。

    MotoGP:中上貴晶の右肩手術成功。2020年2月のテストへ「速やかに理学療法を開始するつもり」

 決勝日朝、イレギュラーのウォームアップ走行、予選とあわただしい条件のなかでも、落ち着いてポールを獲得したビニャーレスは、決勝に向けてただひとり前後にソフトコンパウンドのタイヤを選んでいた。序盤からダッシュをかけ、2018年と同じように後続にリードを取って、独走に持ち込む戦略だ。ビニャーレスは赤旗で終了となったFP4でも、FP3で使ったユーズドの前後ソフトタイヤを試していた。

 これに対してマルケスも、「マーベリックがソフトタイヤを選択することを直感し、彼に対して最後までトライするために、僕も同じタイヤを装着することを決断した」と、フロントはハードながら、リヤにソフトを選択していた。

 スタートでは1コーナー付近の混乱もあり、1周目をマルケスが4番手、ビニャーレスが6番手とやや出遅れたものの、ふたりともトップ集団につけ、ビニャーレスは10周目にはマルケスとカル・クロッチロウを一気に交わしてトップに浮上。マルケスが2番手で続き、レース中盤にはふたりが3番手以下に約1秒のリードを取り、その後はビニャーレスの背後をマルケスがぴたりとマークする形で周回を重ねて行く。

「ラスト4、5周まで何とかついていくことができれば、勝てる可能性があると思っていた」と語るマルケス。そして、最終ラップに入るホームストレートでビニャーレスのスリップから抜け出したマルケスがトップに浮上。「ストレートで抜かれることは覚悟していた」と語るビニャーレスは、コース終盤のセクター3、10コーナーヘアピンの進入での勝負に備えていた。

 ところが9コーナーを立ち上がり、10コーナーに向けて切り返そうとしたビニャーレスのリヤタイヤが大きくスライドし転倒。10コーナーに向けた下り坂をビニャーレスはマシンとともにグラベルへと滑っていき、優勝はマルケスのものとなった。

「10コーナーでマーベリックが転倒しなければ、セクター3で彼に少し逃げられたかもしれない。でも、すぐに追いつければゴールラインの手前で前に出ることができたと思う」とマルケス。

■2位では価値がない
 マルケスの優勝タイムは、2018年の優勝タイムを約7.3秒上回るものだった。決勝中のファステストラップはビニャーレスが中盤の13周目に記録し、こちらも2018年、ビニャーレス自身が記録したファステストラップを0.3秒上回った。

 決勝中の最高速の平均では、マルケスがビニャーレスを約5km/hほど上回っていた。マルケスはそれを生かして、最終ラップに入るストレートで前に出て、仮に最終ラップにビニャーレスに逆転されたとしても、ゴールライン直前で前に出るチャンスを持っていたと言えるだろう。

 リタイアに終わったビニャーレスだが、「今日は勝つために走っていた。2位になるためではない。2位では価値がないんだ。今日のパフォーマンスがうれしい。僕たちの仕事と自分のライディングに満足している。僕たちは全力をつくした」と前向きなコメントを残している。

 一方、勝利したマルケスは「マーベリックが僕とカル(・クラッチロー)を連続して抜いた。すぐにカルを抜かなければマーベリックに逃げらるので、リスクを犯すか、グループに残るかを瞬時に考え、リスクを犯すことを決断した」とレースを振り返る。

「もし、タイトル争いをしていたら、あのような走りをしなかったかもしれない。今日のマーベリックは全力でプッシュし、とても速いペースだったが、ついていくことができた。終盤はタイヤが終わっていたけど、状況にうまく適応することができたんだ」

 第8戦オランダGPで勝って以来、なかなか勝てないレースが続いているビニャーレスだが、シーズン後半戦に入って、マシンやセットアップに関して、ポジティブなコメントが目立つようになった。

 マルケスも毎レース、ヤマハ勢に対して警戒している。結果として、マルケスが第13戦サンマリノGP以来、5連勝となる2019年シーズン11勝目を記録したが、ビニャーレスにとっては、シーズン残り2戦に期待を残す結果となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します