現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『にゃんこ大戦争』を運営するポノス株式会社とウイリアムズF1、2020年のスポンサー契約を締結

ここから本文です
スポーツ 2019.10.31

『にゃんこ大戦争』を運営するポノス株式会社とウイリアムズF1、2020年のスポンサー契約を締結

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロキット・ウイリアムズ・レーシングは10月31日(木)、日本企業のポノス株式会社と2020年のスポンサー契約を締結したことを発表した。

 ポノス株式会社は、スマートデバイス向けのゲームなどを軸に事業を展開している企業で、代表作には『にゃんこ大戦争』が挙げられる。

    クビサ、2020年レース活動のため交渉中。F1にはハースかレーシングポイントの開発ドライバーとして残留の可能性

 またモータースポーツに関しては、スーパーGTとスーパーフォーミュラに参戦するトムスのスポンサーを2015年から務めており、レースクイーン『にゃんこ大戦争ガールズ』も人気を博している。今年のスーパーフォーミュラでは、チーム加入1年目のニック・キャシディが初のドライバーズタイトルを獲得した。

 ウイリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウイリアムズは、ポノスとのスポンサー契約について、次のように語った。

「ゲームを通じてエンターテイメント文化の発展に一貫して貢献してきたポノスとのパートナーシップ締結を発表できることを嬉しく思います」

「私たちは日本のビジネスに協力できることを喜んでおりますし、彼らがF1というグローバルスポーツを通じてブランド認知を構築するという目標達成に向けて手助けできることを楽しみにしています」

 またポノスの代表取締役である辻子依旦氏は、「私は子供の頃からモータースポーツに興味を持っていて、F1に憧れを抱いてきました」とコメントを寄せた。

「輝かしい歴史を持つロキット・ウイリアムズ・レーシングは、ファンの心を揺さぶり、心に触れ、大きな夢を与えました」

「チームの栄光を目にしてきたので、ロキット・ウイリアムズ・レーシングと提携することにしました。 私は希望と興奮を感じ、それを世界に伝えたいです」

 ウイリアムズの発表によると、ポノスのロゴは今週末の第19戦アメリカGPよりマシンに掲載される予定であり、2020年シーズンも継続されるという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します